<   2008年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

2008年 06月 30日
散歩2
散歩1日目だけ書いて、続くのかと思いきや、ブログを書くのを怠ってしまった・・・
e0059307_7423250.jpg

もちろん、ちゃんと毎日、散歩に出かけてますよ。
しかしながら、今回の作業では色々と問題もある。まぁそれが同時にすごく勉強になる。
まずは、許可的な問題。
今回の野外制作は、もちろんのごとく無許可でバタバタと行っている。なので、人の家の壁に立てかけたりしていると、窓から住居人が出てきて、少し不審物を見るような目で見てくる。まぁそんな時は、笑顔でちゃんと説明する。すると、おそらく意味はあまり理解できてないのだろうけど、安心して分かったといってくれる。
また、ある日、バス停でドカドカと作業のとき。通行人や警察とかに注意されないだろうか、と、少し思いながら作業をしていたわけなんやけど、そんなこと思ってたら、パトカーがゆっくりと通りかかって、ジロリと見みられたのだが、全くのシカと。どうやら、ベルリン、クロイツベルグではこれくらいはOKらしい。素晴らしい。一緒にいてた、ギャラリスト、ダニエルも、こんなことはパリではありえない。見つからないならまだしも、見かけて何も言わないのはありえないとのこと。やはり、ベルリンは色んなことをやってしまえる可能性がまだまだたくさんあるような気がする。
そんな感じなもんで、これらの問題は、まぁ大丈夫でしょう。

しかし、この問題だけはどうにも出来ない。
それは、天候。もちろん、晴れが続けば作業はしやすいが、そうかと思えば、晴れすぎると時々撮影に困る。地球が太陽の周りを回ってるだっけあって、日と影の移り変わりが激しい。作業開始の時はいい感じの光加減だったのが数時間後には建物の影などがかぶさってきたりもする。まぁそれはまだマシで、あめとか降れば、もう作業がほぼ止まってしまう。なので、前もって雨が降りそうな日は、雨が降っても大丈夫な橋の下とか地下鉄の駅の中とか少し屋根があるところを作業ポイントとして狙って作業することにしている。それはそれで、そういう場所を探し出したり、発見したりすることが、街の見方が変わって見れてなかなか面白い。なので、必然的にその時々の天候にあわした動き方になってくる。そして、いかにギャラリーというスペースが、いい意味でも、悪い意味でも「作品を守るスペース」であるということも分かる。
ちなみに、土曜日は近くの公園で展覧会のイベントの一つのバレーボール大会を予定していたんやけど、、、雨でこればっかりは出来なかった・・・残念。今週、平日晴れてる日にでもやるかー。

e0059307_746449.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2008-06-30 07:47 | Diary
2008年 06月 25日
散歩1
Moment散歩一日目でした。
e0059307_7482123.jpg

ようやく床板がギャラリーから飛び出しました。今日は、肩ならし程度に、それほど遠くに行かず、ギャラリーの前の交差点を渡ったところにある小さな広場へ散歩しました。100メーターあるかないかぐらい。
頭では分かっていたつもりでも、外へ出ると想像以上に全然違う見え方がします。そして、もちろん、公共の場での作業なので展覧会を見に来る人だけが見るというわけでもないし、ましてや、ただの木材を運んでいるだけなので、「アートです」とでも言わなければ「『お前は、一体何をやっているんだ!?』的」な目で見る人がほとんど。あたりまえか(笑)そして、仮に「アートです」といって、「あぁ。なるほど」と、なぜか納得されるところがこれまたすごいところ。
今日は、興味をもった数人の若者が声をかけてくる。有り難いことに「面白そうなことしてるけど、何なの?」というような感じで声をかけられたぐらいで、心配していたヤカラには出くわさなくてほっとした。しかしながら、木材を並べたり、運んだりしているだけで「おもしろそう」と、思う人がいるというのには、こちらが逆に面白がってしまう。さすがベルリン、色んな意味で許容範囲が広い。まぁ、もちろん、特に人に迷惑がかかるようなことはしないんですけどね。今日ぐらいだったら、多分、東京でも出来る。そして、通行人が少し気になったような目でこっちを見ていると、横に付き添って来ているギャラリスト、ダニエルがすかさず宣伝していた。彼も、それなりにテンション高くなって楽しんでいた様子。確かに、今日の散歩は結構盛り上がった。一日目にしては、まずはよし。写真はダニエルと散歩に参加してきた子供(笑)ちなみに陰が僕。
[PR]

by mapping_yuki | 2008-06-25 07:48 | Diary
2008年 06月 24日
先週末
先週末はオープニングラッシュでした。
e0059307_8404272.jpg

個展とクループ展の連日のオープニングでさすがに後半は少しへたれてしまいましたが、もう大丈夫です。どんとこい(笑)
すこしオープニングの様子でもどうぞ。
まずは、金曜日の個展の方ですが、我がギャラリーair garten での1年ぶりの展示です。前回の「Moment」はギャラリーの床板を剥がして毎日インスタレーションを変えていくという展示でしたが、こりずに今回も床板を剥がしましたよ(笑)まぁいわゆるMoment2(ツー)ってやつですか。今回は、昨年打った釘がまだ新しいせいか、床板を剥がすのはそこまで苦労しなかったです。でもって、前回はギャラリー内(室内)のみの作品制作でしたが、今回は、続編ということで外へ飛び出します。ということで、タイトルが「Moment-performatives Spazieren-」です。Spazierenというのはドイツ語なんですが、日本語だと「散歩」という意味ですね。そう、このブログのタイトルと同じです。(ここでようやく繋がったか!)まぁそんなわけで、今回も明日から、またもや毎日、野外制作になります。いうまでもなく、ゲリラ的に制作するので、色々と問題は出てくるでしょう・・・どこまで出来るか僕にも分かりません。なので、展覧会におこしの際は、まず、ギャラリーに行って僕の現在位置を確認してからおこし下さいませ。もちろん、ギャラリーでも新作プランスケッチや床板の抜け後、昨年のドキュメントがご覧になれます。

でもって、土曜日のグループ展。
総勢50人以上からなるアーティストのグループ展です。絵画、彫刻、映像、インスタレーション、パフォーマンスなどなど、若手、ベテラン、問わず、様々なスタイルの作品が展示されております。パフォーマンスやコンサートがあったりして、堅苦しくなく、すごく雰囲気のいいオープニングでした。 ちなみに僕の作品は、会場にもともとあったロッカーを動かしただけと言えばそれまでなんですが、、、、まぁまさしく、それまでです(笑)ちなみにタイトルはそのまんま「locker」。でもこの言葉の意味が結構面白くて、すべて同じ綴り「locker」なんだけど、英語では、「ロッカー(鍵のかかる戸棚)」で、ドイツ語では「ゆるい、しまりのない、ルーズ」という意味。なんか真逆の意味してる。そんでもって、それを会場で鑑賞者に言ったら、スペイン語では「クレージー、気の狂った」という意味みたいです。ということで、それもこの作品にぴったりなのでそれも追加。しかーし、今一、会場の管理状態がよく分からないので、展示するはずの映像が毎日公開されてないと思います。(実は結構大問題)でも、こちらも毎週月曜日にはロッカーを動かすのでその時に映像を公開したいと思います。

そんなこんなで展覧会が始まりましたのでどうぞよろしくです。


e0059307_8413032.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2008-06-24 08:46 | Diary
2008年 06月 17日
展覧会情報。
えーと、ご無沙汰です。
e0059307_932976.jpg

<展覧会1(個展)>

Moment -Performatives Spazieren-

Opening : 20. June, friday, 18:00- 22:00

期間:20. June - 19. July 2008

Address:gallery air garten / waldemarstrasse 42, hinterhof 1.0G 10999 Kreuzberg Berlin

Opening hours: tu -fr 1pm - 6 pm




e0059307_9331255.jpg

<展覧会2(グループ展)>

UFERHALLEN 21.6

Opening:21. June, Saturday, from 2 pm

期間:21. June - 11. July 2008

Address: Uferhallen/ Uferstrasse 8-11, 23 13357 Wedding Berlin


今週の金、土と、連日の展覧会オープニングですが、時間と場所をお間違えの無いようによろしくお願いいたします。
少しだけ展覧会の詳細をいいますと、まず個展の方は、昨年、床板を剥がして作品を作ったギャラリーでの展覧会です。どんなけ床板剥がしたら気が済むんだって感じですが、ご期待に応えて、また床板剥がします(笑)どうなることやら、乞うご期待。
グループ展の方では・・・何しようかな・・・僕のことは置いておいて、まぁ、総勢30名以上のグループ展ってことなので、パフォーマンスやら色んなイベント、コンサートが期間中にあるみたいです。よ。ということで、まだ両方とも作品が仕上がってませんが・・・お時間にご都合ありましたらぜひともお立ち寄りくださいませ。
現在、こんな感じで制作中。
e0059307_9344930.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2008-06-17 09:34 | Diary
2008年 06月 06日
正12角形
正12角形を書くのに苦戦・・・
e0059307_7185161.jpg

全く分からなかったので適当に円を書きまくって試行錯誤1時間半、ようやく完成・・・
でも、適当にやってたら出来たので、もう一度書けと言われたら1時間はかかりそうやな・・・あぁアホは困る。
[PR]

by mapping_yuki | 2008-06-06 07:28 | Diary
2008年 06月 05日
オッサン二歩手前
どうも。お久しぶりで・・・
e0059307_83175.jpg

ブログを書けなかった(?)書かなかった(?)理由は大して無いんやけど、最近はめっきり引きこもっている。僕にしてはかなり大規模な作品を計画中で、そのためのスケッチやら模型やらを制作している。そのために部屋に家具を置くのが今一好きじゃない僕が棚まで買ってきてモノを整理してスペースを空けて、久しぶりに部屋の模様替えをした。棚ってやっぱすごい。モノを段ごとに仕切りで分けて置いておける。なんて便利なんだ!!棚は!! そして、スケッチする時に弱い白熱灯では色が今一よく分からなくなるし、少し待ったりしてしまうので、蛍光灯まで投入。とにかく以前と違って、かなり制作しやすい。それもあってか、とにかく引きこもっている。 そんな中、先週の金曜日(30日)には、オッサン二歩手前の28歳を迎えた。もうオッサンと言えばオッサンなのかもしれないが、それではオッサンに失礼に当たるので、オッサン二歩手前ということにしておく。まぁ誕生日については、特に何もしていない。 そんな感じで引きこもっているので、外へ出る機会も少ない。なので、外へ出る理由付けとして空手の稽古には最近毎日行っている。空手の連中にも「最近、YUKIは毎日きてるなぁ」と言われたが、外に出るついでとは言えないので、「今度は形のチャンピオンを目指している。」と、笑いながら言っている。そのかいあってか、最近は形を良く覚えれるし、少し上達したような気がする。そして、また帰ってきて、制作。 よくよく考えると、既にむちゃくちゃ優雅な生活をしているように思う。ありがたい。作品制作して、空手して、お粗末やけど、それなりにご飯もちゃんと食べて、いたって健康やし・・・ 果たして、こんな優雅な生活がいつまで続くのだろうか?と思うこともある。 そんな環境に身を置かせてもらっていることに改めて感謝したい、オッサン二歩手前、28歳。 ありがとう。
[PR]

by mapping_yuki | 2008-06-05 08:10 | Diary