<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2007年 11月 30日
明日、佐原屋集合!
どうも。 東京に着きました。
e0059307_1363226.jpg

予告通り、明日(30日)は、佐原屋さんで飲みます。みんな集まれー!(笑)
今回、この居酒屋にて僕のこれまでの映像作品を放映しています。 今日、僕も挨拶に伺いましたが、メチャメチャ雰囲気のいい居酒屋です。大将の人柄もいいし。この居酒屋で展示できることが嬉しいです。明日が無理でも別の日に是非来てください。 僕は明日しか居ないですが・・・

<詳細>

タイトル: Pubtube@Sawaraya

日時: 11/30 18:00 - 22:00 (18時から僕は居ます)
(展示期間:11/26〜12/02 18:00 - 22:00)

場所: 東京都千代田区東神田1丁目14−14 (佐原屋 )(行き方
[PR]

by mapping_yuki | 2007-11-30 01:37 | Diary
2007年 11月 26日
Kinoオープン
昨日は映画館に行った。
e0059307_0434543.jpg

e0059307_044886.jpg

映画館と行っても、Y君の家。 最近、Y君の家で始まった新しい企画で、毎月第二週目の土曜日にY君宅のリビングルームが映画館になるという。 結構、映画館らしく簡易キヨスクまで作っていて、飲み物やポップコーンまで買える(笑) 今回、上映された映画は、、、タイトル忘れた・・・ なんか、ロシア映画みたいで、英語字幕。 宇宙か未来の話かわからんのやけど、登場人物がウケる。「クゥー」とか言って謎の言葉で喋るし、行動が意味不明。 英語字幕もついてるんやけど、いまいち内容が掴めず、一体あいつらは、なんなのかが未だにわからない。まぁでも、見ているだけでも笑えたけど。(Y君、出来れば、映画のタイトルと内容説明、コメントでよろしく)
まぁ、内容はともかくとして、普通の映画館より、かなりリラックスして鑑賞できるスペースになってます。 次回はまた来月か。 何の映画かなぁ。

e0059307_0444643.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-11-26 00:45 | Diary
2007年 11月 24日
ひさしぶりに
いつもお世話になってるお店がついにリニューアル オープン!
e0059307_11463474.jpg

e0059307_1234430.jpg

いつも僕のバックを置かせてもらってまして、一番お世話になってるお店です。
以前よりも、更にリッチな感じの店内になってオープンしました。ということで、今日はオープニングパティー。 このお店は店長というかデザイナー自身がデザインして作った服などを売ってます。 主にグラフィック系のシャツなどがメインです。しかし、YUKIバックは在庫があまりないので、まだ店頭では売ってません・・・年明けか年内には、お店に置かせてもらえる予定。
そろそろ、久しぶりにバックも作るかぁ。

ということで、サイフを制作しました。でもこれは、日本にもっていく予定。数に限りがありますので、お早めに!(笑) って、どこで売るかわかりません・・・
e0059307_1225284.jpg

e0059307_123203.jpg



※追加のお知らせです。
先日、告知した通り、佐原屋と言う居酒屋で映像作品を流すんですが、
30日は営業時間の18時〜22時まで佐原屋という居酒屋に居てますので、都合のいい時間にでも遊びに来てください。というより、飲みながらダベリましょう(笑) 誰か来てくれないと、一人でチビチビ酒を飲むことになるので・・・場所の詳細はこちら→Info
[PR]

by mapping_yuki | 2007-11-24 12:09 | Diary
2007年 11月 20日
お知らせ<重要>
パフォーマンスと展示のお知らせです。
いくつかイベントがあるので期日と場所をお間違えのないように御願いいたします。

event#1

タイトル: Pubtube@Sawaraya

日時: 11/26〜12/02 18:00 - 22:00

場所: 東京都千代田区東神田1丁目14−14 (佐原屋 )(行き方

30日は営業時間の18時〜22時まで居てますので、都合のいい時間にでも遊びに来てください。というより、飲みながらダベリましょう(笑) 誰か来てくれないと、一人でチビチビ酒を飲むことになるので・・・

e0059307_2163227.jpg

内容:
これまでにベルリンで制作した映像作品が居酒屋、佐原屋にて一挙放映。昔ながらの居酒屋の雰囲気の中、お酒のおつまみに新鮮な魚介類とあわせてお楽しみください。
●映像作品 営業中のため飲食物の注文をお願い致します



event#2

タイトル: Giftplatz#7

日時: 12月1日  18:00 - 22:00

東京都千代田区東神田1丁目2−10 (泰岳ビル4F) (行き方)

e0059307_2262116.jpg

内容:
大きなビニール袋を膨らませ、その中に居る来場者に空気を贈るパフォーマンス、Giftplatz(ギフトプラッツ)シリーズ第7弾!  ついに日本(東京)に上陸!
今回は期間限定でイベントとして行われる桃色BAR(おかまバー)に出現します。
 これまでのGiftplatzシリーズはこちら→Giftplatzシリーズ

event#1,2は、CET07(Central East Tokyo 2007) が企画、運営する「NIGHT×GALLERY×STREET」11月23日〜12月2日まで開催されるイベントのなかで行われるものです。
詳しくはこちら→CET07



event#3

タイトル: "世紀のダ・ヴィンチを探せ!"国際アートトリエンナーレ2007 (詳細)

日時: 2007年12月3日(月)〜22日(土)
開館時間 : 10:00〜16:00 日・祝 休館

場所 : 大阪芸術大学 芸術情報センター (行き方)

主催 : 大阪芸術大学

e0059307_3154258.jpg

内容:
えーと、少々、小っぱずかしいタイトルですが、おかげさまで、これで大賞をいただきました。ありがとうございます。 今回の帰国はこれで帰国させて頂くことになります。 なんてありがたい・・・太っ腹やなぁ、さすが大芸! 某芸大とはえらい違い(笑)
ということで、12月3日のみ、会場に居ます。ちなみに、出品作品は、「Moment」の映像作品です。 まぁぶっちゃけ、Youtubeとかブログでも見れるんですけど、よかったら来てください。 先着で、30名の方に無料で「Stamm」のA1サイズのポスターを差し上げます。

<12月3日(月)の詳細>
【授賞式】   3日 芸術劇場 12:30〜
【テープカット】    3日 芸術情報センター正面玄関  13:40〜
【記念パーティ】   3日 芸術情報センター6階     14:10〜
【展覧会】     3日(月)〜22日(金)        10:00〜16:00
                 <但し12月3日は13:40〜17:30>


以上。
皆様のご来場を楽しみにしております。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-11-20 03:25 | information
2007年 11月 18日
ポスター
ポスターが完成しました。イェイ。
e0059307_10551731.jpg

写真は前回ベルリンで作った作品のStammです。  価格は1枚500円(送料別)です。 欲しい方は、おメール下さい。

さてさて、昨日は、久しぶりにY君の家に行ってきました。 彼の家に最近、日本人の同居者が転がり込んできたみたいです。 そんなわけで、3人でトークしたり、プロジェクターでアニメ見たり。
そこで、面白かった話題を一つ紹介。
なにやら、コンピュータってのはすげーなって話なんやけど。まぁ今に始まった話ではないんやけど、最近、タイムマシーンっていう機能を備えたコンピュータがあるらしいですね。 なにやら、コンピュータ内の過去のデータまで探し出してくれるらしい。どういうことかというと、数日前に捨てたデータをもう一度過去にさかのぼって、見つけて、もう一度手に入れられるらしい。 おお! って、ここまでの話で驚いているのは、僕とこれを呼んでいるおかんぐらいだろうと思うけど。 でも、タイムマシーンとか言いながら、過去にさかのぼれても未来には行けないんですよね。そこで、話が盛り上がったわけです。 未来にまで行ける機能を備えたコンピュータが、もし、すごい性能を持って出来たとすれば、えらいことになるだろうと。
例えば、コンピュータを開いて、一つボタンを押すだけで、今からやろうとしていたことを勝手に片付けてしまうとか。 ポスターのデザインを作ろうとして、一つボタンを押すだけで、「あ、そうそう、これが今作りたかってん!」とかいう具合に。 どうやって? と聞かれても、今のパソコンのシステムすら説明できひんのにそんなん出来るはずが無いので、そこは突っ込まんといて。 
なんしかすごいわけです。 でも、そこまで、コンピュータが自動的に未来を予測して作って行くようになるには少し時間がかかる。 1、2年使い込んでいくうちに、徐々にその人の癖、とかセンスみたいなものを吸収していくわけですよ。 ゲノム解析みたいなもんですかね。 で、使い込んでいくうちに徐々に未来に飛べる幅が大きくなってくるって言うわけ。
うーん、でも、そうなってくると、コンピュータが一人歩きし始めますね・・・怖い怖い。マトリックスだ。 と、そんな未来予想を話してたら、そんな世界感のアニメでも見ようということになってプロジェクターでアニメ鑑賞したわけです。 
うーん、でも、もう1つ僕が考える未来予想は、「コンピュータが無くなる。」ということ。でも、僕が生きている間には無くならんやろうけどな・・・ 皆さんは、未来のコンピュータはどうなると思います?
e0059307_10545945.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-11-18 10:56 | Diary
2007年 11月 14日
五本指
風呂上がりに、足の爪を切る。
e0059307_8563226.jpg

切っているうちに、だんだん爪を切ることに気持ちよくなって、ハマってしまう。でも、足の指は、左右の足あわせても10本しかない。 それで終わり。 心地よかったのに、それで終わりか・・・とがっかりする。 出来れば、あと100本ぐらいは切りたいな。 でもそんな足、キモイな・・・

I cut the fingernail of the foot after the bath.
And, it becomes pleasant cutting the fingernail gradually. However, it is a total of the foot right and left, and there are only ten toe. It ends. Then, it is disappointed because it was comfortable when ending. If it is possible to do, I want to cut about 100 another. However, such a foot is unpleasant.
[PR]

by mapping_yuki | 2007-11-14 08:56 | Diary
2007年 11月 12日
RAKIA
24時間バスにゆられて・・・

ようやくベルリンに戻ってきました。 帰りのバスはきつかったー。 もう何度も乗っているけど、なんかい乗っても、キツもんはキツい。 しかも、同乗者はもちろんボスニア軍団が乗っており、オッサン連中がうるさいのなんの。夜中になっても話し声のトーンは大のまま。 ありえへん。 そんなデカイ声で寝かけてるのにちょくちょく話しかけてきやがる。オバハンはオバハンで途中の乗り換えで乗ってきた新しい乗客に席を譲ろうともせず、一人で2席分取って足を伸ばして寝てやがる。運転手もボスニア語で何を言ってるかは分からんかったけど、おそらく「席を譲れ」とキレているのに対して、オバハン逆切れ。 どんな国で育っとんねん。ありえへん。 ほんまありえへん。 少し前にYoutubeかニコニコで「松本紳介」のワンカットを見たんやけど、マナーの悪い人間についてトークしてた時のこと。 なんやら「マナーの悪い人間は人間生まれ変わりまだ1回目もしくは、人間初めての奴らや」とかなんとか話していた。 ふとそんなことを思い出して、「あぁ、人間初めての奴らってこういう奴らのことか」と思って見ていると、ちょっと思い出し笑いしてしまった。
まぁそんなこんなでベルリンです。

e0059307_11574493.jpg

サラエボで最後は今回パフォーマンスもさせてくれたKino Bosnaに作品の写真を記念にプレゼントしてきました。 セナ(オーナー)がすごく喜んでくれて、Kino Bosnaの壁にレギュラーで壁に飾らせてくれました。 壁にかかってる写真がそれで、一番右がセナ。サラエボに旅行に行く際は、是非見てください(笑)
e0059307_1159137.jpg

で、そのお返しで、元はワインの瓶に「ラキーア」と書いてあるお酒をお土産にくれた。もちろん中身はワインじゃなくて、ラキーア。 燃やせるぐらい度の強い酒です。 ほんまにサラエボらしいお土産やな。 ありがとう。 
[PR]

by mapping_yuki | 2007-11-12 12:00 | Diary
2007年 11月 09日
名前
さて、そろそろ帰りますかね・・・
e0059307_19504040.jpg

今回はサラエボに2週間の滞在のつもりが、イベントやパフォーマンスやなんやかんやで結局一ヶ月滞在したことになった。 でも、今回はこれまでのサラエボ滞在とは少し違う体験が出来て良かったです。 いろんな人とも出会いました。しかし、相変わらず名前が覚えられない。失礼な話かもしれないけど、覚えられないんやから仕方が無い。でも、今回は頑張って覚えた方だと思う。 一日に3人以上紹介されても覚えれないんですよ。僕の頭じゃ。 そもそも、一回目の自己紹介ではなから覚える気がないというのもあるんやけど。 でも顔は覚えている。 まず一つ目に発音しにくい名前は覚えれない。2つ目に3文字以上の名前は覚えれない。 まぁ覚えれないとは言っても、3、4回会えば人がその人を呼ぶのを聞いて徐々に覚えられる。 なので、覚えられるまで、その人に声をかける時は、「hey」とか「hello」とか言ってごまかしている。これは日本人の場合でも同じで、「なぁ」とか「ちょっと」とかがそれのたぐい。 
でも、僕の名前は覚えやすいらしく、大抵の人が一発目で「YUKI」と覚えてくれる。まぁあえて「YUKI」って言うあだ名にして覚えやすくしてるってのはあるけど。 相手が覚えてくれているから余計に自分が失礼やなぁと思う。 ということで、復習。クラウディオ、ヤスミーナ、チチリア、ルーカス、シュテファン、シュテファノ、ジョルジオ、アレクサンドロ、ウンベルト・・・あと忘れた・・・。また次の機会か。。。たまには、こういう機会に名前を覚える訓練をした方がいいのかもしれない。
ということで、明日ベルリンに向かいます。 
[PR]

by mapping_yuki | 2007-11-09 20:41 | Diary
2007年 11月 02日
Kino Bosna
なんか知らんけど、色々起こってます。
e0059307_18534211.jpg

こないだのイベントではキノボスナ(旧映画館のバー)でボスニアの伝統音楽に合わせて踊ってたり、イタリアの伝統音楽とかでみんな踊ってたり。
そして、昨日ぐらいから、動くのかよっていうような古くてデカイバスで何やら荷物を運んできて、30人ぐらいのイタリア人がやって来た。そして、彼らはキノボスナに住み込んでいる。一体何をするのかまだ良く掴めてないけど、とにかくなんかプロジェクトなり、イベントなり、するみたい。 その手始めかどうかよく分からないけど、おじさんがアーチェリーの練習をしていた。 普段、アーチェリーしてる人なんか見ないので、ドアを開けたらアーチェリーしてるという状況に少し驚く。 とにかく、このキノボスナではいろんなことが起こっている。旧映画館ということもあるので、それなりの広いスペースもあるので、日替わりで、ダンスのレッスンなんかに使われたり、アーティストの制作の場として使われてたりしていて、いわゆる文化ホール的な役割を果たしている。が、文化ホールとか言うと少し堅苦しいようなイメージがわくけど、基本はバー(居酒屋)として機能しているので、堅苦しくてクリーンなイメージとはほど遠い。 しかしながら、実際のところこのキノボスナの営業許可書は、映画館としてのみの営業許可書らしいので、本来はバーは開けない。 警察や隣人にやいやい言われながらも、なんとか適当に営業している。そんな適当さ加減が心地いいのか、いろんな人がここに集まってきている。 営業してる側は何の意図も無いと思うんやけど、周りがいろんな意図・計画を持ち寄ってきて成り立っている。 最近、親しみを感じてきたせいか、このキノボスナになんか可能性を感じている今日この頃です。
e0059307_18541830.jpg
e0059307_1854394.jpg
e0059307_18562197.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-11-02 18:56 | Diary