<   2007年 10月 ( 10 )   > この月の画像一覧

2007年 10月 28日
Today at Kino Bosna!
e0059307_19172636.jpg


28. Oct. 2007 at Kino Bosna, Sarajevo, Bosnia and Herzegovina

19.00.-.APERITIV i DEGUSTACIJA tradicionalnih proizvoda Hercegovine/ APERITIF AND BUFFET - traditional products from Herzegovina
Izložba fotografija "Jadranski most", autor / Photo exhibition “Adriatic Bridge” by Nicola Tiezzi
Video projekcija japanskog umjetnika /Video projection by the Japanese artist Yukihiro Taguchi

h. 21.30 – koncert i ples uz LIKULURI (pizzica, tradicionalni ples regije Puglia) i KUD PROLETER (linđo, Sarajevo)/ music and dance from Puglia – LIKULURI (pizzica) and traditional dance from Sarajevo - KUD PROLETER (linðo)
Ulaz slobodan/ Entrata libera/ Free entrance

本日、19時から映像作品上映を行います。
その後、イタリア人バンドによる、イタリアの伝統的な音楽演奏、ダンスが行われますので、ふるってご参加ください。
・・・ってこんなところでInfo出して、誰がくるんだ?(笑)
[PR]

by mapping_yuki | 2007-10-28 19:24 | information
2007年 10月 25日
8372...
8372・・・
e0059307_20305987.jpg

昨日は友達知り合い3人に連れられサラエボから車で3時間程の場所にあるSrebrenica(スレブレニッツァ)という小さな街へ。 
行くまでは、どこに何をしに行くのかすらまともに聞かされてなかったので、ただただ霧に包まれる風景を車の窓から眺めたり、寝たり。そして、到着した場所は、普通なら特に観光するような街でもない、ただ戦争の傷跡がサラエボより復旧が遅くてまだまだ多くの廃墟がある街。 僕たちが向かった場所は、その街のセンターの外れにある大きな墓地。 
e0059307_20273849.jpg

ボスニア・ヘルツェゴビナで見られる墓地は大抵どこも新しい。 なぜなら、内戦後に建てられたものばかりだから。 要するに、ここもその一つ。しかし、この場所は少し訳ありらしく、隠された問題があるらしい。“隠された問題”といっても、僕が知れるぐらいだからボスニア人はみんな知っているんだろう。 
聞いてみると、ちょうどこの墓地の向かいにある工場のような建物の中でセルビア人にサラエボ人が殺されたという。同行していた、ボスニア人のセナが言うには、1995年のある5日間のあいだに起こった出来事らしい。墓地の入り口にある大きな石に書き込まれている数字、8372...と言うのはお分かりの通り、死者の数です。 しかし、現在でもなおこの数字は増え続けているとのことです。 現に行った時、墓の穴を掘ってる作業員が数人いました。 これだけでも十分に問題なんやけれども、それに輪をかけるような謎の事実があるみたいです。
その殺された工場のような建物の向かいにも大きな建物がるんやけども、そこは停戦監視の役割のもとで入っているオランダ軍の基地だったと言う。 そんな基地の目の前の場所で大量に殺されたというのがこの問題と言うか謎なところ。 そんな感じで友達が説明してくれて、「また何か分からないことがあったらいって。」という。 が、そんなん今聞いたこと全部分からんわ。
その話を聞いて、何をどのように理解したらいいのかすら分からない。要するに分からないことだらけ。  そんなことを思いながら、墓地の中をゆっくりと歩く。 墓石にはその人の生まれた年と死んだ年が刻まれているが、ここにある墓地全部、死んだ年は「1995年」と刻まれている。 
e0059307_2024349.jpg

生まれた年を見れば、1980年や1982年と僕と同じ年や僕より若い人までいる。 もし僕がここで生まれていたら、かなりの確率で僕はもう既にこの石の下にいたのかもしれない。そして、何をしにきたのか分からない日本人に自分の墓地をバシャバシャと写真を撮られたりするんやろうと、考えてしまう・・・ こうして在る、今の自分の身分に何を不満に思うことがあるんやろう。 ただただ、ありがたい。
帰り道、その墓地の前を元気に笑って走っている子供達をみて、少し気が安らいだ気分になる。
e0059307_20225712.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-10-25 20:29 | Diary
2007年 10月 23日
白いぜ!
白いぜ!サラエボ。
e0059307_19399100.jpg

なんかやたら寒いと思ったら、雪。まだ10月というのにもう雪ですか、サラエボは・・・夜から降り始めて、やむことなく次の日の夕方まで降り続けていた。 暑いのは我慢できるけど、寒いのは苦手な僕。 そんなこと言っても、季節は僕に合わしてくれるはずもなく、寒いもんは寒い。 しかしながら、雪が降れば街の風景もがらりと変わるもの。 その風景を見ようと思う好奇心が、まだかろうじで寒さに勝って、外に散歩。 結局、4時間程、散歩して案の定、靴はビチョビチョ、おなかが冷えておなかが痛い・・・瀕死で帰宅。
e0059307_19382770.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-10-23 19:39 | Diary
2007年 10月 20日
なんか、さらえぼ。
e0059307_2155944.jpg

なんか、後ろの建物までこのケースで出来てるんじゃないかと思ってしまう。
e0059307_2154741.jpg

なんか、エド(真ん中のボスニア人)は昼間っから飲んでたらしく、夕方、僕が行った頃にはどうしようもないぐらいグダグダになっていた。
e0059307_21543648.jpg

なんか、スーパーでヨーゼフボイスの作品発見。
e0059307_21565321.jpg

なんか、有名なシンガーがお亡くなりになったもよう。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-10-20 22:03 | Diary
2007年 10月 17日
Sarajevo食事事情
といっても、ボスニア料理という意味ではないです。
e0059307_2116441.jpg

サラエボに来てからというもの、なぜかイタリア人コミュニティーにどっぷり浸かっている。
あげくの果てには、イタリア語講座のウェブサイトとか見たりして、少しイタリア語をかじったりし始める始末。 まぁそんなイタリア人コミュニティーのなかに入り込んで行くなかで、なんと言ってもいいことは、飯がうまいということ。 既に何度か彼らと一緒に食事をしているけど、やはり食事に対するこだわりが強い。例えば、調理法はもちろんのこと、細かいところで言えば、ゲストが集まってからパスタを茹でるとか、テーブルクロスを敷かないと食事にならないとか。(もちろんすべてのイタリア人がそうだとは思っていないけど)ぶっちゃけて言うならば、ドイツ人とはひと味違う。
まぁ日本人も食事、味にはうるさい方なのでその辺はすごく馬が合う。 
そんな彼らに一度、魚料理を作ったんやけど、すげー興味を持っていた。 作り方とか、普段はどんなもを食うのとか。 その感触から、イタリア人の方も少なからず、日本の食文化に興味と認めるところががあるんやなと思う。
e0059307_2117915.jpg

e0059307_21193050.jpg

それはそうとして、先日ドブロクニクに行った帰りの海沿いの道路にひっそりあったムール貝屋さんでみんなでムール貝を買っておいた。それをサラエボに帰って次の日に調理。 貝の掃除に少し手間はかかったけど、かなりうまかったです。その時に一緒に作ってくれたのが、サーモンのクリームパスタ。 もちろん、しっかり作り方を教わりました。今度、ベルリンで作ってみます。食べたい方は是非お食事に招待します。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-10-17 21:20 | Diary
2007年 10月 16日
どぶろく肉
ネクタイの発祥の地はクロアチアということをご存知でしたか?
e0059307_2042314.jpg

ということで、今回なぜか、サラエボ在住イタリア人コミュニティーの中にはまってしまい、イタリア人に誘われてクロアチア、ドブロクニクへ車で小旅行。でも、当初はボスニアの観光スポット、モスタルというところ行く予定だったんやけど、予定を変更して、モスタルを素通りしてクロアチアへ。 夕方、ドブロクニクの少し手前の港町で食事。
e0059307_2045250.jpg
 ここは、料理にうるさいイタリア人に注文は任せる。港町だけあって、やはり魚介類のオンパレード。 かなり久しぶりに、おいしい魚介類を食べました。
その後、ドブロクニクへ。
ブドウがなってる宿に決めて、夜はバーへ。 ドブロクニクで飲み過ぎに注意です。
e0059307_2061214.jpg
 このように山積みになってしまうようです。
翌日、快晴、温かい、ありがたい。
e0059307_2075518.jpg

水平線が奇麗に見える。久しぶりに地球が丸いってのを思い出させてくれる。でもなんか、この前見た時より、水平線のカーブが少し大きいように見えるのは気のせいか? ひょっとして地球小さくなってる?! 
e0059307_20714100.jpg
e0059307_2085044.jpg

さて、このドブロクニクって街もようは港町で、しかもかなりの観光地。もう10月にも関わらず、かなりの観光客でにぎわっていた。 街の雰囲気はイタリアのベネチアに少し似ているかもしれない。で、ここに来てからというもの、イタリア人は「泳ぐぞー、泳ぐぞー」と言っていた。最初はまさか10月に!?と、冗談と思っていたら、彼らは本気だった。 いくら晴れてると言っても、寒いやろ。 でも、見ているだけって言うのもなんなので、僕も海で泳ぐことになった。 うーん、寒い。まぁ泳げなくはないけど。 考えてみれば、海で泳ぐのも久しぶりやな。 あとは、柄に似合わんけど砂浜でセンチメンタルに石ころとか集めてみたり。山作って、波にさらわれて作り直したりを繰り返したり。 まだまだガキやな・・・
e0059307_2094778.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-10-16 20:10 | Diary
2007年 10月 13日
なぜかサラエボ
ということで、なぜかサラエボに来てしまいました。
e0059307_3194461.jpg

プロジェクトの方は今年の夏で終わって、もう、10年〜20年ぐらいはここには来ないだろうなぁ、と思っていたけど、来てしまいました。 これまで、夏にしか来たことが無いっていうのと、プロジェクト以外でくるとどうなんだろ?っていうことで。。。
でも確かに、夏とは少し違う。 というのも、夏はみんなホリデーやバカンスだったり、観光客が多かったりやけど、今は、学生も学生らしく学校に行っていたり、観光客も少ない。 でも、夏も冬も関係なく、相変わらず仕事してなさそうな人ももちろんいる。って僕のことか・・・?
でもって、金曜日(今日)までは、バーやレストランに行っても酒が飲めないという、宗教的風習があるみたい。でも、昨日バーに行ったら、ビール飲めたぞ!どういうことだ!? もちろん、熱心な信仰者は守ってると思うけど。 で、そんな週間も今日で終わりらしく、今日は仕事もほとんどどこも休みで、いたるところでパーティーとかが繰り広げられるらしい。 っていうか、ただパーティーしたいだけだろうと僕は思っている。 まぁクリスマスみたいなもんかな。 
まぁそんなわけで、今日は僕もキノボスナというバーにでも出かけてみることにします。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-10-13 03:21 | Diary
2007年 10月 08日
ベルリンの壁復活
まずはこちらの記事を読んでください→ニュース
e0059307_2301078.jpg

でもって、
昨日の話。 部屋でI君と引きこもっていると、同居人のマークスが部屋をノック。 何かと、話を聞いてみれば、家から近くの橋の付近にベルリンの壁を再び建設中だという。 なんじゃそら。 もう一回、東と西分割するのか? もしそうであれば、周りはもっと騒がしくなってるはず。 でもいたって穏やか、いつもと何ら変わらない。 でも、とにかく面白そうなので、I君とす^パーに買いもんがてら見にいてみる。 すると、橋は封鎖されていて、車も通行止め。 そして更に進むと、ベルリンの壁発見。 でも、まだ製作中(笑)  これから本格的にベルリンの壁っぽくなる様子。 なるほど、こんな感じでベルリンの壁は存在していたのか。 現場付近に立っている警備員になんなのかと聞いてみたところ・・・

警備員「ベルリンの壁だよ」

僕の聞いた質問が悪かったのか、、、そんな事はわかっている。 
まぁ、それはそうとして、どうやら、映画撮影用のセットらしい。 なるほど。 というか、それぐらいしかないか。 なので、ベルリンの壁と言っても、木材で作っている。近くで見るとしょぼいけど、こうやって写真で見るとけっこう壁っぽい。 出来れば、撮影してるところも覗いてみたいなぁ。どんな映画になるのやら。。。
e0059307_2305789.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-10-08 02:31 | Diary
2007年 10月 03日
まつわりもの
一昨日、ぐらいか? I君がベルリンに帰ってきた。
e0059307_10534887.jpg

ロンドンから戻ってきたI君は、ロンドンは飯がまずいと言っていた。 わかるわかる。
ということで、魚のムニエルとみそ汁とサラダとご飯。 そして、最近このビールを買って飲んでみたんやけど、これは、ぼくが初めてビールの味で驚く程のうまさの違いがわかったビール。 うまいと思う。 プラハって買いあるからチェコのビールなんやと思う。 
それはそうとして、魚のムニエルが昇天しそうな程うまい。そして、魚とくれば、みそ汁とご飯。ザ、ニッポン食のきっても切れないまつわりもの。
魚、みそ汁、ご飯ぐらいきっては切れない関係にある、そんなまつわりものが僕にもある。
ひとまず、普段出て行く時に必ず持っているものをあげてみる。

1、帽子

これが無いと力が半分ぐらいになる。  ルパン三世に出てくる次元大介も帽子がないと射的の命中率が無くなる。 僕もそれぐらい必要。

2、ミニカタログ(自分の作品の)

いつどんな人に会うかもわからんし、いつどこで誰にでも「どんな作品作ってるの?」といわれた時の切り返しとして。宣伝として。 せっかく会ったのに、それ限りで、その人が一生僕の作品を全く知らないってのは、僕としてもつらい。

3、コンパクトデジタルカメラ

いつ面白いものを見れるかわからんし。でも、今、壊れてしまって持っていない・・・結構つらい。でも、あれば常に持っている。

とりあえず、そんなとこか。
っていうか、こんなこと紹介して何になるんや・・・
[PR]

by mapping_yuki | 2007-10-03 10:57 | Diary
2007年 10月 03日
イベントのお知らせ!
どもー。
e0059307_9453925.jpg

今週金曜日、イベントに参加します。 今回も、例のごとく野外でGiftplatzをします。 今回で5回目となります。 
その他、他のアーティストによるパフォーマンスやライブコンサートなどがあるみたいです。なので是非是非、遊びに来てください。

K:ITA
Weidenweg 44-46/ Bersarin Platz, Berlin-Friedrichshain
http://www.myspace.com/temporaryart
eintritt frei
[PR]

by mapping_yuki | 2007-10-03 09:46 | information