<   2007年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧

2007年 05月 30日
負けず嫌い
ネットオークション、、、
e0059307_21205031.jpg

で、自転車を買おうと思って、数日前から何回もトライしてるんやけど、未だに落とせず。 いまいち、オークションのツボを押さえられてないらしい。 ただ1つわかったのは、人気の品になればなるほど、オークション終了の最後の5分までは入札しても意味が無い。まぁ相当良い値段付ければ話は別やけど。こないだは最後の30秒まで残っていたんやけど、終了時間1秒前に別の人に1ユーロ多く付けられて結局落札できず。 弱すぎる・・・ 度重なる敗退にサイト側が僕に同情したのか、メールで「残念でした。次、頑張ってください。 同じ品のオークションはここにもあります!」と、わざわざリンク先まで貼って送ってくる。 あげくのはてには、「あなたが入札した価格で競わずにすぐに買えます」っていうリンク先も送られて来た。 相当バカにされてると思って、もちろん買わなかった。 ここまでくればこっちも意地になる。 ともあれ、よくわからないことも多い。 同じページに同じ品物が2つあって、1つは競って値段をつけるもの、もう1つは少し高めだけど競わなくてもすぐに買えるものがある。 それを見てると、最終的に競って値をつける方が高くなってたりする。こいつ等、頭悪いんじゃないのか?と言いたくなる。 みんな負けず嫌いなのか。 なんとなく人間の心理をかいま見れるようでもある。 ともあれ、そろそろ本気で落札したいので、だれかオークション必勝法を教えてください。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-30 21:32 | Diary
2007年 05月 28日
セクシーショット
e0059307_10442089.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-28 10:45 | Diary
2007年 05月 27日
キティちゃん
えー、ブログの模様替えです。
e0059307_929160.jpg

昨日今日と、デザインを変えてみたんやけど、お気づきでしょうか? 昨日はシンプルな白くて淡い感じで、今日はうんち君。「うんち君」って・・・こんなスキン誰が使うねん。まぁ、ブロガー人口も多いから、おるかもな。 この絵がもっとリアルな感じやったらちょっと笑えへんけど。 しかしながら、ブログを始めて、今までずっと同じデザインでやってたから、変な気分。 全然イメージ違うし。これで、作品の写真とか見せられても説得力ゼロになる。まぁ元々そんなに説得力あるもんでもないんやけど。 なるほど、ということはやっぱ“見せ方”で1つで印象は全然違うもんになるんやな。
話し変わるけど、昨日の夜はすごい嵐が来た。あまりの風の強さで下から雨が降っているようにも見えたり、家の前の木の枝が何本かバッッキーと折れていた。枝だって言うても結構でかい。 まぁその嵐は30分ぐらいで過ぎ去ったんやけど。いやあそれにしても、恐ろしいもんです。。。さっきの話じゃないけど、こういういわゆる恐ろしいこと、怖いことっていうのもなぜか知らんが恐ろしい“見せ方”になってるなぁと思う。 空が暗くなって、すごい突風がきて、マシンガンのような雨。やっぱこうやって聞くだけでも、一般的に恐ろしいというようなイメージが出来る。 なんでやろ、不思議。 心地よい風に、さんさんと輝く太陽。と、そういう状況を聞いたり、見たりして、「恐ろしー」って、思う奴は一般的には居ないと思う。人が血を流してて倒れているのを発見したら、やっぱ恐ろしい気分になると思う。これが、人から流れているのが赤い血とかじゃなくてキティちゃんとかがポコポコ流れ出ていたら、ニコッと微笑んでしまうかも。 ん?いや、体の傷口からポコポコキティちゃん出てきたら、それはそれでかなり怖いかも。手術とかでキティちゃんが大量に出て来て、「キティちゃんの数が低下しています。」ってことになる。 うーんでも、怖いというよりはおもろいか。 まぁそれはいいとして、はじめからそういうものだと考えたとしたら、同じことか。それはそれで怖いものになるか。 イメージの思い込みって不思議やな。あ、一昨日のオレンジの女の人を店員と思うって言うこと書いた日記と似てるぞ。


えー、最近、ネットでドラマとかテレビ番組を見るのにハマってます・・・こないだまでは、ダウンタウン、その次は世にも奇妙な物語、で、最近は古畑任三郎。ついつい時間を忘れて見てしまうところがこわい・・・
気がついたら、古畑のオープニングのメロディーを口ずさんでたりするし・・・
e0059307_929558.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-27 09:31 | Diary
2007年 05月 25日
オレンジな女
ホームセンターへ素材の買い出し。
e0059307_5194114.jpg

よく買い出しに行くホームセンターの1つにOBIという名前のホームセンターがある。このホームセンターはドイツを主にヨーロッパ全体でもちょくちょく見かけるほどなかなかの名店。まぁ東京で言うなら、ドイト、関西ならコーナンってところか。 でもって、世の中数ある店にはそれぞれイメージカラーというものがある。 これは確かに、人にイメージを埋め込むのには効果的らしい。 不思議なもんで、ある色や色の組み合わせが店の印象として頭に残ってたりする。 マクドなら赤と黄色、スタバなら濃い緑、牛角は黒、吉野家はオレンジ色、ホームレスは空色・・・などなど。
でもって、このOBIはオレンジ色。 当たり前のことながら、店の中、外は、至る所にこのオレンジ色が施されている。 で、僕はお目当てのモノを探していて、どこにあるのか分からなかったので、オレンジ色のシャツを着た女の店員に質問する。 すると、女性は少し照れながら、「いやぁ、わからないわ」と。 店員のくせになんで分からんねんと思いながらもその付近で探していると、また別の人がその女性に何か質問していた。また彼女は「わからないわ」と言っていた。 こいつ新人か?と思いながら横で見ていると、奥の方から「ママー!」といってガキが彼女のところに走ってくるではないか。それでやっと気がついた。この女の人は店員じゃなくてただの客。 しかし、オレンジ色の服を着てるだけで店員と思い込んだ自分を面白く思う。 なぜがそのことがツボにはまってしまったので、その後、探しものをそっちのけて、その女の人を近くで観察。 すると、やはり、5分に一回のペースでいろんな人に質問されている! その女の人はその都度「分からないです、私、店員じゃないんです」って言ってる。 そして聞いた方は、気まずくなる人や笑って流す人、それぞれ。 面白い。あまりに面白いので写真を撮ろうとしたら、私服の警備員に怒られてしまった・・・さすがに私服の警備員がオレンジ色のシャツを着ていたらあまり意味が無いやろうな。そして、その女の人は、度重なる質問攻めにこりたのか、シャツを脱いで、白のタンクトップに姿に変身。おつかれさま。 で、肝心の探しものを聞くために本当の店員のところへ。え、店員のシャツ・・・なんでオレンジ色ちゃうねん!
[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-25 05:21 | Diary
2007年 05月 23日
インタビュー
暑い。
e0059307_454198.jpg

先週とはうってかわって、今週から本格的に夏モードのベルリン。しかも今日は少し蒸し暑い。まぁ日本ほどではないんやろうけど。 
先日、突然、前回の展覧会Momentの展示を見て是非インタビューしたいというメールが来た。なにやら、博士の論文の参考にしたいとかなんとか。 まぁそこまで僕にインタビューをしたいというなら、僕の方は全く持ってかまわんねやけど、僕なんかを素材にして単位が取れるのかが謎なところ。 しかも、僕の語学能力でどこまで突っ込んだ話が出来るのかも分からへんし。 まぁ、ものは言い様ということもあるから、僕がいくら分けの分からんこと言ったとしても、博士レベルならそれなりに書くんやろうなと思う。 ということで、彼女の家に伺った。写真は彼女の家の外観。 ボロいけど、いい味出してる。
会って、早速インタビューを始めた。 インタビューと言っても、ベルリンのことやから、まぁ適当に雑談かと思ったら、思ったより、ちゃんとしたインタビューで、会話を録音していた。 まぁでも、それくらいで、僕が話す内容は自分の作品にちなんだ雑談やねんけど。 とりあえず、言いたいことをベラベラしゃべったんやけど、果たしてどこまで伝わっているかが謎。(語学的に) それでも、話して後、彼女の感触はよかったらしく喜んでいた。 なんか良いアイデアが出て来たらしい。 それはよかったよかった。こんな僕ですが、お力になれて幸いです。
その帰り、昨日から自転車を改造中なので材料買い出しにホームセンターへ。 何が出来るのかはまだ実験段階なのでひ・み・つ。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-23 04:56 | Diary
2007年 05月 21日
新作サイフ!近日入荷。
土曜日。
e0059307_5521299.jpg

夜はダニエルのギャラリーでパフォーマンスのイベントがあるというのでぶらりと出かけた。 少し遅れてついたので、途中から見ることになり、状況が把握できず、なんやよく分からんパフォーマンスを見ることになってしまった。
e0059307_5531847.jpg
 
ちなみに、この2日前に、ダニエルに頼まれてこのパフォーマンスの舞台を作った。この舞台、そんなに大きくはないんやけど、ダニエルが用意した天板になる板が、、、薄い! 5ミリぐらいの厚みの板でどうやって人がのる舞台を作れってゆうんや。 相変わらず無茶なことを言いよる。まぁ、こないだテキストを英語に翻訳してくれた借りもあるので、ブツブツ言いながらも作ったんやけど(笑) そんな舞台はなんとかパフォーマンス終了まで持ってくれて一安心。 途中で底が抜けても面白かったかも知らんけど。
ギャラリーを後にして、Y君とその仲間たちがが主催するパーティーへ。 普段、夏場はサウンドシステムの屋台を引いて、野外でやっているんやけど、今回の会場は野外ではなく室内。とにかく、パティーが出来そうな場所さえあればどこでもパーティーをしてしまうという、すこぶるエネルギッシュ、アブラギッシュな奴ら。そんな夜は長いが、明日また朝っぱらからフリマに出勤ということもあって早めに帰宅する。

日曜日。
例のごとくフリマに出勤。 天気は良好。がしかし、天気が良好過ぎたら客足が少なくなることが判明・・・みんな天気がよくて温かい日には別のところへ出かけると予想。湖とかバーベキューしに行ったり、湖とかバーベキューしに行ったり・・・まぁでもここは辛抱して、地道にバックを売るとしよう。 
そうそう、YUKIバックシリーズの新作が出来ました。 今回の新作は財布です! お札も小銭もカードも入ります! まだ1つだけ実験でしか作ってないから今回は販売しなかったんやけど、これはヒットの予感。近日入荷予定! 入荷というよりかは、僕が作るだけなんやけど。
こんな感じです。
e0059307_554883.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-21 05:57 | Diary
2007年 05月 17日
ピンポン
最近はひたすら天気が悪い。
e0059307_21534115.jpg

昨日は昼間は天気がそこそこよかったにもかかわらず、夜になったらまた雨。さすがベルリン。
そんな雨がぱらつく中、ちょっとした友達の誕生日会へ顔を出しにいく。 その場所は、通称、ピンポンバー。日本語で言えば、居酒屋卓球、ってところか。 そんなバーがあることは知ってはいたんやけど、特にいく機会がなく、今回が初めて。 中へ入ると、1台の卓球台を何十人もが囲んで卓球している。なんとも異様な光景。早速、僕らも参戦してみる。でも、なにやら、ルールがあるらしい。一球ずつ打っては後ろの人と交代していくらしく、失敗したら、その場でその輪から出なければならない。そして最終的には、1対1になるというゲーム。 なので、うまい人が必然的に最後まで残っている。そして、その1対1の対決が終われば、また大勢が卓球台を囲んで再開。 なるほどなルールやと思う。しかしながら、一周目でミスってしまうとかなりあっけない。グルグル回りながら徐々に敗退者が出て、人数が減っていく。 面白いのが、最後の3、4人になった時の回転の速さがウケる。 人数が少ない分、急いで打ち返しにいかないといけない。そして、勝ち残る人はいつも同じ・・・おそらく毎晩来てるんやろう。  卓球好きにはたまらないバーやと思う。 あいにく、僕は、基本的に球技がいまいちなのでそこまで本気に通うことは無いけど、楽しいことは楽しいので、まだなにか機会があればいきたいと思う。
東京でこんなバーが流行ってたら面白いな。ありそうやけど。 会社帰りのサラリーマンがスーツ姿で卓球してたり(笑) 「部長、今日ピンポンでもどうですか?」って。

[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-17 22:05 | Diary
2007年 05月 16日
あ、過ぎてた。
あ、っと気がつけば、母の日が過ぎていた。
e0059307_958577.jpg

人のブログを見ていて気がついた。そう、13日は、このブログでだんとつ濃いキャラのおかんの日。  写真は3月に大阪に帰ったときに撮ったツーショット写真。おかん、顔より過ぎやで。人のこと言われへんか。僕なんか、グーニーズに出てくる顔おかしい奴ににてるもんな。まぁ、ひとまず、遅くなったけど、この場を借りて、
 ありがとう。おかん。
これからも、訳の分からないブログへのコメントを期待してます。そして、高校のとき、スキンシップのつもりやったのに、肋骨にヒビ入れてしまってごめんなさい。
ってこんなこと書くと、今やったらマジでヤバい息子やと思われてしまう世の中。昨日からのヤフーニュースでは、高校3年の息子がおかんを殺害して、おかんの首もって自首とかなんとか・・・怖すぎて、何も言えない。  
しかしながら、この母の日というものはなかなか面白い。(まぁ母の日だけじゃないんやけど)広辞苑で調べたところ、「母に感謝する日」となっている。ということは、極端に言えば、子供を産んでいない人だけが、感謝の意を捧げる側になる日ということで、感謝はされないということか。 おかんはおかんで、おかんのおかんに感謝する日やろうし、おかんのおかんもおかんのおかんのおかんに感謝する日ということになる。と、おかんにおかんが存在しないはずが無いので、どこまでも続く。おかんのおかんのおかんが死んでしまっていたら、それがどこまで続いているのかは肉眼では確認でけへんけど、とりあえずは、生きてる僕らが目の前のおかんに感謝すれば良いんやろうとおもう。感謝されて、不愉快になる人もそうそういないと思うので、そしたら、おかんもおかんのおかんに感謝するかと思う。そしたらまた、おかんのおかんもおかんのおかんのおかんに感謝の心が生まれるはず。たぶん。そしたら、、、ってもうええか。そう考えると、この母の日という日は、感謝がオニの様に飛び交っているわけか。すげーな。うーん、さっきの話題にもどると、だからおかんを殺すのはいかがなものかと。(もちろんおかんだけじゃないけど)そこで、ストップしてまうやん。 とは言いながらも、果たして僕もちゃんと感謝できてるのかどうか謎なところなんやけどな。いやいや、感謝してまっせ!って嘘くさー。

今年の3月、大阪、実家でおかんと食事風景。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-16 09:58 | Diary
2007年 05月 14日
スピーディーに動くオヤジ
押忍。
e0059307_5581079.jpg

土曜日。またもや空手の試合で、ベルリンから車で1時間半ほどのところに出かけた。先週に引き続き試合三昧でよくわからんテンションになってしまう。 今回も小さな大会やってんけど、一回戦から、大物と対戦だった。 その相手は、先生の先輩にあたる人。そんなやつが出場するなんて、ズルい。 先生曰く、かなりの大物ファイターらしく、37歳(見た目は50歳・・・)でありながらもかなりスピーディーな動きをこなす。そして、その通り、オヤジの動きとは思えない速さ。 まぁ正確にいうと、動きが速いというよりは、タイミングがかなり良い。 そういえば、武道ってのは、ずっと続けていれば、年をとってもそう簡単に弱くはならないらしい。「空手」というものが分かってくるらしい。と、日本で指導してくれてた先生が言ってたなぁ。 それはそうとしても、「そろそろ、こんなところにオヤジが出てきてはあかんよ」と、お伝えすべく、やっつけさせて頂こう思ったけど、やっぱり駄目だった・・・やっぱ強い。でもなかなか良い試合やってんけどね(笑)それは、個人組手の話で、チーム組手は、なんとか3位に。まぁ、3位と言えば、聞こえは良いかも知らんけど、実は出場していたチームは4チームだけ・・・つまり、1回しか勝ってないということ。 銅メダルもらっても、全然、嬉しくない。まぁチーム戦ってのは、同じチーム1人が勝っても後の2人が負ければ、チームでは負けということになるから、ある意味、戦略的にチーム構成、対戦順を考えないといけない。
e0059307_5595172.jpg
 まぁ、そんなこんなで、大会が終わったのが8時過ぎで、その後、みんなで一杯引っ掛けて、深夜1時頃帰宅。さすがに疲れて、寝る。
日曜日。 目が覚めたら、いつものフリマに出勤。うーん・・・今日はあまり売れへんかったぞ・・・来週は少し作戦を考えてフリマに挑むか。押忍。
e0059307_604622.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-14 06:00 | Diary
2007年 05月 10日
最近ネットの調子が悪い・・・
e0059307_893484.jpg

まぁそれはいいとして、今日はアトリエでの初仕事をしに、チャリンコにごっそりと荷物を積んで出かける。 初仕事と言っても、作品作るというわけでもなく、ひとまず、壁のペンキ塗り。 まぁ、別に塗らなくても良いと言えば良いねんけど。前に使っていた人が、地面から約2メートルぐらいまでのところまでしか塗ってへんし、微妙な塗りかたということもあって、それが無性に気になって・・・結局塗ることにした。 うーん、何回やっても壁のペンキ塗りだけは楽しいとは思えない。まぁ壁だけじゃなくて、絵を描いていた頃もそう・・・生キャンバスが安かったから買ったのはいいものの、木枠にキャンバスを張って、そこから地塗りをする作業がどうも苦手。 まぁ単純に飽き性なんかも知らない。 そんでもって、これはどうにかならんもんかと、“木枠にキャンバス(布)を張る”ということを考えていたら、そっちの方が面白く思えてきた。 そして、いろんな張りかたをして遊んだりしてるうちに、絵を描かなくなっていた。まぁ極端な話やけど(笑)
まぁそんなあまり楽しくないペンキ塗りを一人でひたすらやっていた。「じゃあ、塗んなよ」と思うかも知らんけど、それはもちろん僕も思ってるんやけど、どうしても、2メートルぐらいのところで塗るのをやめている分かれ目が気になる。 その“気になる度合”の方が“つまらなさ度合”より勝っているから仕方がない。 だから塗るしかない。 だから塗った。つまらなさを紛らわすために、こんなん作ってみました・・・

[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-10 08:11 | Diary