<   2006年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

2006年 12月 31日
青い奴
さて、大晦日。
 
e0059307_11185411.jpg

といっても、今日は別に大晦日に書くようなネタちゃうんやけど、ちょっとおもろかったから書きます。
昨日のこと。 Y君が料理作るというので誘われて、Y君の家へ。 Y君特製の手作りハンバーグと手作りコロッケを食べた後、アトリエで遊ぶ。 昨日の「遊ぶ」はホンマにクソガキのように遊んだ(笑) Y君の同居人のダニエルというやつが小さい頃から持っていた、この全身青くて、白い帽子かぶってる妖精みたいなキャラクター。 っていうか、この人形の名前忘れた。なんやったっけ? まぁええわ、この青い奴で遊んだ。 結構ハマる。酒のつまみに持ってこいなぐらい遊べる。 これだけいっぱいあるっていうのがいい。 なんか、意味なく並べてみたり、戦いさせてみたり。ちなみに僕が作ったこのセットは、大晦日の格闘技祭。 青い奴が寝技にやられてる。
e0059307_1121151.jpg

その脇で、Y君はガンジャ帝国を築き上げていた。
e0059307_11225526.jpg

てな具合で、2時間程この人形で遊ぶ。子供の頃を少し思い出させてくれると同時に「あぁやっぱ、もう子供じゃないんやな・・・」とも思った。 ていうのも、確かに遊んでるときは無中になるし、変な世界観が生まれたりするけど、それでも、子供の頃のようなキレのある突飛でもない世界観、ストーリー展開が生まれへんように感じた。なんか、所詮考えてることが現実的、もしくは、現実に毛が生えた程度の世界観・・・ あのキレは何処へやら・・・
まぁ、それでも、楽しめたけど。
で、その流れかどうか分からんけど、Y君がとんでもないおもちゃを見せてくれた。 これにはかなり笑った。 それは、Y君がトルコに亡命していた時に見つけたもの。なにやら、チョコエッグ(卵の形のチョコの中に小さいおまけのおもちゃが入ってるもの)のおまけらしい。 このチョコエッグって奴は最近では結構何処の国に行っても売ってるようで、2年ぐらい前にボスニアでも買ったことがある。これの面白いのは、国によって中に入ってるおもちゃのクオリティーやセンスが全然違うということ。 確かにボスニアのチョコエッグのおもちゃはショボすぎた。まぁおもちゃだけじゃないんやけど。こんなところにまで反映されてる。 バカにしてる訳じゃないけど、バカにしてるよ(笑)  色とか1色やし。 日本の奴も買ったことあるけど、逆にありえへんぐらい力注がれてるような精密なものが入ってたりする。 そして、そのY君が見せてくれたのはトルコバージョン。 
e0059307_11234973.jpg

これは、ぶっちゃけ、なめてるとしか言いようがない。でもある意味、恐ろしい程の斬新なセンスといえるかもしれへん。 まず、何か分からない。 本当に分からない。 もうこの時点で笑い転げる。 そして、かなりシュール。普通、顔がくるであろうところに、謎の手。胴体はロボットのようにも見える。 さすがに僕も疑いました。 他の中身と一緒にしたのかと。 でもこのパーツが一緒になって入っていたと言う。 でも、明らかにパーツ、足りてへんやん! 腕の根元に何か差込めるような穴とか開いてるし!  ありえへんなー、これ。サラエボのはしょぼいけど、何かわかるモノには組み立てれたからね。 これは、子供、喜ぶんかなぁ?  こんなおもちゃで遊んでる子供は大人になったらどうなるんでしょ(笑) いやー、おもろかった。
そんな大晦日、前日。
良いお年を。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-31 11:25 | Diary
2006年 12月 30日
窓際族
さて、今年も残すところ後2日。
おかげさまで今年も色んな事がありました。 僕の部屋の窓際に飾られているモノを見ると、「あぁやっぱ時は流れてるんやな」と実感させてくれます。 今日は、その僕の部屋の窓際族を紹介。

まずは、リンゴ。
e0059307_4534668.jpg

っていうか、既にリンゴに見えへんし、かなり小さい(笑)ここまでくると、リンゴとは別の呼び名が必要か? いったいこいつは何になろうとしてるんでしょうかね。このままずっと置いてたら、今度はふくれあがってきたりして。
ちなみにこれは、去年の11月頃に語学学校で同じクラスやったロシア人のねーちゃんに休憩時間に貰ったリンゴ。覚えてるのはそれくらいで、あとの記憶はこのリンゴぐらいしぼんでます(笑)

で、次は、ジャガイモ。
e0059307_455868.jpg

これも、ジャガイモに見えない。これも、大きさが3分の1ぐらいになってる。これは、今年の4月にベルリンで初めてした「chews」という展覧会のビラの写真で使ったジャガイモ。
e0059307_4582615.jpg
実はこんなジャガイモやってんけど。

で、次は、ホワイトアスパラガス。
e0059307_4563313.jpg

なんか、乾燥キノコっぽい。 花にも見える。 あの「シャキーン!」としたフレッシュなイメージとはほど遠い。 水に浸けたら、元に戻ったりして。
これは、4月頃に長内さんがベルリンに遊びに来た時に、長内さんが衝動買いして、料理せずに置いて行ったホワイトアスパラガス。 また今度、彼女がベルリンに来た時に、これを料理してもらうことにします。よろしく。

続いて、花。
e0059307_4572784.jpg

まぁ花は、ドライフラワーとかあるくらいなので見慣れてるちゃ見慣れてる。 これは、今年の5月に展覧会のため大勢日本人アーティストが僕の家に滞在していたとき、草平という男がなぜか僕にくれた花。 なんでいきなり花をくれたのかは未だに謎。 その謎を花に秘めたまま、今に至る。 きっと謎が解けたら、また咲くことでしょう。 まぁそんなロマンチックな謎ではないと思うけど。

てな感じで、これらのモノは過去を語るように見えるけど、でもここまできたので、これからもあるだろうという、未来も同時に語ります。そんな、リンゴとジャガイモとホワイトアスパラガスと花は今、窓際に座っています。

(っていうか、そんなノスタルジーにひたってる場合じゃない・・・)
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-30 05:00 | Diary
2006年 12月 29日
季節的先駆者
朝、今年初めてであろう雪が降っている。
e0059307_8305783.jpg

バン!バン!と外から聞こえる騒がしい音で目を覚ます。 なんやねん、と思ったら大晦日にする花火をオカンに買ってもらって大晦日まで待てない近所のガキが爆竹で遊んでいた。これまた人の家の窓や壁にまで投げてて結構危険。 ここで近所のおやじなら出て行って、げんこつでも食らわせるのやろうけど、僕はまだそんな歳でもないのでやめておく。どちらかと言えば、まだ、げんこつを食らう方に近い。 しかし、雪とガキのコンビネーションで、「もうそんな季節か」と思い知らされた。 そう考えると、ガキを見ていると季節、時期が分かるような気もする。 外でよく動き回るせいか? どうなのかはわからんけど、とりあえずは季節ごとにあるイベントの主役的、先駆的存在やと思う。 そりゃ、大人もイベントごとに熱くなるやろうけど、あのガキのイベントごとを待つ期待度とパワーは遥かに違う。今日のように大晦日になる前に、待ちきれず花火で遊んだり、雪が積もればいち早く雪で遊ぶ。クリスマスは首を長くしてクリスマスプレゼントを待ち、正月にはお年玉を期待して、学校が休みになる時期や祭日を期待し、遠足を待ち望み、誕生日に貰えるプレゼントを待ち望み、夏になればいち早く、外に出て遊んだり、プールに行ったりして日焼けする。季節ごとのイベントを誰よりも期待している生物。それがガキである。時には「来月誕生日だから先にこれ買ってー!」とかいったり、大晦日まで待てずに爆竹で遊んでしまう季節の先駆者。それがガキである。てなわけなので、そんなガキを見ると季節がよく分かる。 なんかの本に書いてあったけど、「子供は自然」とかなんとか。 分かる気がする。
「もうこんな時期ですよ!やっとこの季節だぁ!」とい言ってるようなガキに対して「もうこんな時期かぁ」っていうのがなんか、既に先やられた感があってなんか悔しい。
e0059307_8323019.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-29 08:32 | Diary
2006年 12月 28日
その日は朝から夜だった
あー遊んだ遊んだ。笑った笑った。
e0059307_10261618.jpg

いやいや、遊び過ぎた感もありますね(笑) 25日は我が家でパーティーしました。 友達や知り合いと連絡を取ってないにもかかわらず、結構みんな集まってくれました。最初は全く来なかったらどうしようかと思っててんけど・・・なので、デカイ鍋2つ作ったおでんもジャガイモが3つ残っただけでほぼ完食。 すごいですねー。 やっぱり冬はおでんに限る。 
こういうパーティーもたまにはいいもんやね。 というのも、 友達が友達連れてきたり、全くしらなかった人が告知を見て来てくれたりで、知らなかった人と知り合えたり、新しい人脈が出来たり、色んな情報交換できたりで、面白いです。しかもそう言う事が、僕だけじゃなくて来てる人みんながそうなるから面白い。 しかも、安上がり。今回は、おでんと飲み物合わせて僕が自腹切ったのは50ユーロ。まぁおでんに使った日本食の具材が少し高かったけど、別のメニューならもっと安くおさえれるし。ビールはクソ安いし。500mlのビール1ケースで安いのだと4ユーロとかやし。下手すると水より安い。 てな感じなので20人ぐらいで50ユーロと考えるとかなり安い。 そんでもって、後は持ち寄りでみんな食べ物や飲み物持って来てくれたので、プラスαで豪華豪華。  そんな感じで、おでんをつまみつつ、みんなでワイワイガヤガヤと朝まで。 6時過ぎに最後のお客さんを見送って、帰るのがめんどくさくなったY君と8時頃、おやすみ・・・

次の日・・・その日は朝から夜だった♪
起きるのが遅くてバカボンのテーマソング、そのまんまになってしまった。 このヨーロッパの冬の日の短さをどうにかしてほしい・・・「こりゃ人間駄目になるねぇ!」と、Y君・・・ 最近は4時には暗くなる。 まるでバカボンの世界。 やっぱり、朝起きて、暗いと結構引きますね。 さてさて、気を取り直して、仕事再開しますかね。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-28 10:29 | Diary
2006年 12月 26日
おでん完成。
e0059307_3557100.jpg

なかなか良い具合に仕上がりました。今回の素材は、卵、ジャガイモ、大根、コンニャク、ちくわ、 魚のだんごみたいなやつ、 鶏だんご。 昨年よりかなりグレードアップしてます。 しかも、デカイ鍋二つ分も作りました。 どんなけのお客さんが来るかも分からんのに・・・まぁ、あまれば、2、3日おでんを食い続ける日々になるでしょう。 そんなおでんをお腹に入るまで煮込み続ける次第であります。

そんなわけで、少し暇だったので、魔が差して実験してしまいました。 大豆コーヒーに挑戦。まぁ大豆汁なわけですけど。 
まず、大豆を煎る。
 
e0059307_36498.jpg

そんでもって、粉末にして、
e0059307_37304.jpg

普段はコーヒーを作る時に使うエスプレッソマシーンに入れ火にかける・・・
e0059307_381572.jpg

どんな汁が出来るのか少し楽しみ。牛乳とか入れて飲んだら意外とうまいかもしれへん。
・・・と、その時、沸騰した瞬間にブフォーってなって、うろたえて火を止める。 しかし、肝心の汁は・・・? 全く無し・・・汁なし・・・汁が出てない 残念。
なんででしょう? コーヒー豆で出来て、大豆では出来ないんでしょうか? 不思議なもんです・・・

そんなこんなで、もうすぐおでんパーティーが始まります。 これを見たら是非来て下さい。

ちなみに、この看板の方も完成しております。 こちらもいい出来。 これをキーホルダーにするのは難しすぎます。勘弁して下さい(笑)
e0059307_391246.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-26 03:09 | Diary
2006年 12月 24日
松屋メニュー
納豆うまっ!
e0059307_5265822.jpg

かなり久しぶりに納豆を食った。 というのも、よっとさんの手作りなっとうを食べた日記を読んで僕も食べたくなった。それだけの話し。 でも、僕のは手作りじゃなくて、アジアンマーケットで買ってきた。そのついでにキムチも買って、スペシャルメニュー、キムチ納豆ご飯。
これは、かなりうまいぞ。 まじで。日本にいる時は松屋に入れば、不味い豚丼なんか食わずに、ご飯大盛りと納豆、キムチ、卵を注文してはこればっかり食べていた。松屋はこれに限る。 また当分、これにハマるな。でも、キムチが高い・・・
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-24 05:27 | Diary
2006年 12月 22日
師走。
師走と言えば立て看板。
e0059307_93563.jpg

ということで、立て看板を制作中です。ほぼ、完成です。後はニスを塗るだけ。 うーんっていうか、かなりかっこいい看板になりそう(笑) 実は、このグラフィックのデザインはおなじみのカキ君に依頼して作ってもらったもの。どおりでかっこいい訳だ。カフェの看板なんやけど、コーヒーよりもこの看板の方が売れそう。(笑) 出来上がったらまた紹介します。 

明日(っていうか今日)は、今やってる展覧会のクロージングですよー! まだ見てない方は是非ともよろしくお願いします。もちろん僕も出没します。 空手の先生と生徒達も来てくれます。 だから来て下さい。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-22 09:35 | Diary
2006年 12月 21日
チン!
あー
e0059307_1134028.jpg

久しぶりに米食ったー。 最近食べ続けてたパン、パスタ、ニョッキ、色々あるけど、やっぱ米ですよ、米。 しかも、親子丼。同居人に何を食べてるの?と聞かれて、「親子丼」といって、名前の意味を説明してみる。 鶏と卵が親子、ファミリーやから、「親子丼」という。ってな具合に。 それが、なんか生々しいのか、残酷なのか、どうもあまり笑えないらしい。 まぁ笑かせるつもりで名付けたんちゃうやろから別にええねんけど。 しかも、最近、家に電子レンジを買ったので、昨日のご飯もあったかご飯に早変わり。 この電子レンジ、実はこの家の貯金で買ったんやけど、買うまでに半年以上かかっている。 というのも、同居人のもう1人の日本人、Yさんが、「欲しいから買おうよ」といってても、他の同居人は「私達には必要ない」といって約半年・・・つまり、みんなの同意を取れないと買えない。もちろん自分のお金で勝手に買うのはええねんけど。 そんでもって、ようやく、1ヶ月ぐらい前にようやく、渋々、同意を得て文明の機器、電子レンジを購入。 さすが文明の機器、電子レンジ。あったらあったで、あれだけ言ってた同居人も使う。やっぱり、人間てやつは便利なものが好きなんやな。まぁ、好きというよりも、良くも悪くも便利な方向に、楽な方向に考えてしまうもんか。 しかしながら、あの出来上がりの合図の「チン!」って音どうにかならんかと思う。 この音は、結構アホにされてるような気がして仕方がない。確かに「チン!」と鳴らさないと出来上がりが分からないぐらいアホなわけやけど。 じゃあ、しゃあないか・・・でも悔しいので、「チン!」って鳴る前にドアを開けることにしてる。 「チン!」って鳴ったら、僕の負け。そんなルールで、今日は、2勝1敗。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-21 11:04 | Diary
2006年 12月 20日
木になる季節、木になる木
一難去って・・・
e0059307_8415690.jpg

ようやく落ち着きを取り戻しました。あぁ、ありがたい。
で、街を歩けば最近見かけるのがこの手の木。まぁ要するにクリスマスツリーってやつです。日本だとこんな生木を買って来るほどの木こりな家庭はそう無いと思うけど、こっちではみんな率先して買い求める。さすがドイツ発祥なだけはある。日本で多く見られるような、プラスチックで出来た木よりも木が効いてていい木もする。
普段、植物が無い家なら余計に木分転換になっていいかもしれへんしな。しかし、この木、時期が過ぎると、道路やゴミ箱に捨てられてるのをよく見る。 なんとも無惨と言うか、木の毒というか、なんというか・・・去年は確かに捨てられてるのを多く見て、「これでなんか作品作れるんちゃうん?!」と考えたほど。なので、今年は木が向いたらなんかしてみるかな。いっぱい集めて自分の部屋を森にでもするか(笑)それか、その木で家建てるか(笑) もしくは、イカダでもつくって川下るか(笑) 笑ってるけど、ホンマにやるかもしらんよ(笑) なのでクリスマスはどうでもよくて、その後が少し楽しみ。
あっ、そうそう、今年もパーティーするで。25日、8時集合な!
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-20 08:42 | Diary
2006年 12月 19日
土日月
金曜日。っていうか、日付は土曜日。
e0059307_2373171.jpg

夜更かししてバックを作っていると、1時頃に電話が鳴った。 ついに帰ってきた。あの人が。 Y君だった。3ヶ月ベルリンから姿を消していていきなり電話がかかってきた。 まぁそろそろかかってくるだろうとは思っていたが、こんな夜中にかかってくるとは思っていなかった。さすがY君。 内容は「パーティーに行こうぜ!」そのまんまである。 本当に3ヶ月ベルリンに居なかったのかと思うぐらい。 そんなわけで、さすがに僕もバックしか作っていなかったし、久しぶりのY君に会いに夜中、パーティーにくり出すことにした。
とんでもない彼のエピソードを聞いたり、踊ったり。なぜか手にウォッカ入りゼリーをのせられたりして、疲れてたこともあって早めに沈没。


土曜日。
e0059307_2382692.jpg

バック作りのノルマが少し早めに片付いたので、その日は僕からY君に電話して、またもやパーティー。最近、こういうパーティーにもくり出してなかったのでなんか新鮮。 その日もプライベートパーティー。といっても、どこまでがプライベートなのかわからん(笑) まぁ要するにその人の自分の家でやる訳なんやけど、来る人は友達の友達の友達の友達の・・・って具合に広がっているので、人の集まり方は、ほとんどその辺のクラブと変わりはない。誰がその家の住人なのかすらわからないし、向こうも僕のことなんか知るはずもない。 まぁよくあることです。それが面白いんやけど(笑) そんでもって、この家が広いこと。 4人ぐらいで住んでるらしいが、とんでもなく広い。でも内装からして、以前は事務所とかそんな感じ。 空手の道場でも余裕で開けるぐらい広い。 ベルリンにはまだまだ色んな家があるもんやね。 パーティーはともかくそれに一番驚く。
明日は、早朝からフリマでお仕事、ということもあって、3時頃に帰宅。最近は週末がかなりハード・・・


日曜日。
e0059307_2395547.jpg

夜に降った雨で出来た水たまりを朝早くから取り除くスタッフ。 っていうか、ベルリンは基本的に天気悪いんやから、毎回やらなあかん事考えたら、道を舗装した方がいいのに・・・と1人でレバーケーゼにかじりつきながら思う。
フリマでバック売りも、この日曜日で今年は仕事納め。 だから、今週は必死こいてバック作ってたわけです。 昨日はやけにお客さんも少なかったし、出してる店も少なかった・・・夏の3分の1ぐらいですね。もっと少ないかも・・・ いやーしかしながら、今回も世の中が騒ぐクリスマス前ということもあって、おかげさまで繁盛でした。 ありがとうございます。 来年はおそらく3月か4月頃から再開したいと思います。寒すぎて、バックが凍って割れるかもしれないんでね・・・(笑) それまで、フリマは休憩! お疲れ、お疲れ。


月曜日(今日)。
朝から部屋の大掃除。先週からハードに作ったバックのおかげで、僕の部屋、部屋と言うか、工場なんですよ・・・そのバック作りのおかげで、好評だった、模様替えプロジェクトも出来なくなってしまった訳です。もっと続けたかったんですが・・・バック作るのに一定のスペースが必要なんで。でもまたあれもいずれ再開します。 部屋の片付けに3時間程かかり、ようやく少しスッキリ。でも、この1年でやけにモノが増えたなぁ。  片付けの後、この前言ってた、僕のバックを置かせてくれる店がオープンの日なので覗きに行くことに。 なかなか綺麗なお店になってます。 売ってるものは、僕みたいにベルリンでおもに活動しているデザイナーグッズを取り揃えています。 なんで、見方によっては「こんなもん売れへんやろ!」的な品が僕のバックを含めて盛りだくさん。 まぁ是非是非近くを通りかかったら覗いてみて、気が向いたら何か買ってあげて下さい。出来れば僕のバック買って下さい(笑) フリマで売ってる倍の値段しますが・・・このブログ見てる人は、欲しくても間違いなくその店では買わないでしょうね。でも、一応宣伝しておきます。

e0059307_242099.jpg

*SILBERFISCHER's HOMESHOP!
Oderbergerstr. 23
10435 Berlin, Germany
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-19 02:42 | YUKI-Bag