<   2006年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 30日
いつのまにか
いつのまにか・・・
e0059307_4593282.jpg

夏が終わってしまいました・・・なんとも早いですね。夜なんかはもう8度とかなんとか・・・寒いです。僕の季節も終わりました。そろそろ冬眠の準備でもしましょうか(笑)。まぁ僕の場合冬眠したくても出来ない人で、じっと出来ないので冬は冬で何かやるつもりです。たぶん。

で、いつのまにか、このブログもなんとか1周年を迎えたらしいです。 ホンマにいつの間にかで、全く気付かなかった次第であります。 まぁ自分で、おめでとうとでも言っておきましょう。

おめでとう

で、始めてから現在までの訪問者の集計結果です。

10880名。

なんと、1万人をこえました。ありがたい事です。でも多いのか少ないのかわかりませんけど、どこかのエロサイトの横についてる集計結果などは一日で1万人を超えたりしていますが・・・まぁそんなんとは張り合ってませんけど。
最初始めた頃は、一日1名とか、2名とかで、明らかに、自分とオカンってわかってしまうな集計結果でしたが、現在では、おそらくまちがってうっかり入ってしまった人も含めて一日平均40名の訪問者がいるみたいです。それはそれで嬉しくもあります。普通に暮らしてて、一日に40人も会いませんからね。ということで、今後ともよろしくお願いします。

合掌

YUKI
[PR]

by mapping_yuki | 2006-08-30 05:05 | Diary
2006年 08月 25日
スイッチさようなら
こんなことがあったんですね。
e0059307_7282851.gif

だいぶもう2週間程前のことみたいやけど、東京が停電したんですか。なぜか今日、知って少し興味そそりました。約5時間も停電。東京に居た方、どんな感じでした?? ホンマに全部電気消えてたんかな? コンビニとか電光掲示板とか。まぁ大変な目にあった人もいるとは思うけど、(特に病院とか?なんらかの代用があったと思うけど)人ごとに言うと、たまにはこういうありえないことが起きてもいいんじゃないかなと思う。スイッチを入れても何も起こらない状態・・・ローソクに火をつけてみたり、ローソクも無くて何も出来なくなったので寝てみたり。うーん、いいね。(笑) まぁ改めて考えてみると、電気はすごい(笑)。スイッチ1つで明るくなったり、何か映し出したり、ほかほかご飯が出来たり、死んだり、生き返ったり? ある意味、もうスイッチなしでは生活できなくなってるかもしれない。まぁスイッチと言うか電気か。当たり前にあるものが突然無くなるとその存在に改めて知らされる。という。でも、それが当分無くなると、それはそれで無いということが当たり前にもなる。そしてその代わりに別の何かが見えてきたりもする。電気でいえば、キャンプなんかにいけばよくわかる。まぁ最近では、車で行って、車で電子ジャーなんかも使ったり、テレビ見たりして、なんら普段の生活と変わらないインドアかアウトドアか分からんわけの分からないキャンプをする人もいると思うけど。僕はモノ心がついた頃からボーイスカウトというものに入っていて、中高生の頃には土日ともなればキャンプかハイキングにしょっちゅう出かけていた。だからよくわかるとは言わない、そういう経験も少なからずはしたというだけ。電気が無ければものわかりやすい生活になる(電気だけじゃないけど)。朝、太陽の眩しさと、小鳥鳴き声で目を覚まし、火をおこして御飯炊いて、飯食って、川で食器を洗う。夕方、暗くなる前に飯を作って、火を囲んで食事。月明りのなかテントに戻り、テントの中はやる気が失せるくらい真っ暗なので寝る。そしてまた朝・・・と、なんともわかりやすい。(まぁ、もっと強者もいますが)この僕が思う“わかりやすい”っていうのは、色んな事柄、行為の間に確実に見て取れる時間と行為があるということ。例えばスイッチには"ON"か"OFF"しかない。
e0059307_7293341.jpg
微妙に段階が調節できても、結局はONかOFF。スイッチではそのある事柄に間がない。スイッチを押せば明かりがついたり、消えたり、熱くなったり。キーボードを叩けば“あ”が出てきたり。そういうことを専門に勉強してる人ならともかくとして、僕にはなんでそうなるのかサッパリわからん。ところがキャンプなどにいけばわかりやすい。飯炊くのにまずは薪拾い。水が無ければ川から水をくんでくる。などなど。スイッチのONとOFFの間にはそれが無い。まぁ無いからスイッチとして役目を果たせてるわけでONとOFFの間に時間を要する"?(ハテナマーク)”があったらどうだろう?
e0059307_7303614.jpg
半電子ジャーというものがあったとする。OFFからON(炊飯)にする時ハテナマークがあってそこに必ず止まるようになっている。そして実況中継が始まる。「今、薪を集めています・・・薪を組んでいます・・・種火がつきました・・・風で種火が消えました・・・もう一度薪をくんでいます・・・火がつきました・・・もうすぐスイッチONになります・・・なりました・・・」 という具合で、スイッチがONになるまでに30分ぐらいかかる。まぁ普段の生活にはイライラして蹴飛ばしたくなるジャーやな。くだらんことを長く書き過ぎました・・・ということで、とはいうものの、今の生活には電気、スイッチはかかせないくなってるみたいです。でも、こういう停電でこういうことを考えるきっかけになったんとちゃうかなと思う。ならんか・・・じゃあ、スイッチさようなら。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-08-25 07:32 | Diary
2006年 08月 24日
道場と称して
旅行も終わって、休みすぎていた空手を再開。
e0059307_6345363.jpg

といっても、僕だけが休んでいたわけじゃなくて、道場自体がお休みだった。というのもこっちの道場は“道場”と称して大抵がどこかの体育館を借りてしていたり、フィットネスクラブの一室を借りてやってたりするので、そこが夏休みになれば仕方なく空手も休みになるというなんとも空しい仕組み。日本なら古くから道場を構えていたりするけど、やはりヨーロッパはそういうわけにはいかない。まぁ日本から輸入したわけやから歴史も浅い。
そんなうちの道場の二カ所あるうちの1つが新しい場所に変わって心機一転。ここもやはり体育館。消防署とくっついてあるのでおそらく消防隊の人も訓練で使ったりするんやと思う。まぁ体育館は体育館で天井も広くて、広々としているのでみんなで型をしてもぶつからないというのがいい。久しぶりに空手の仲間に会って、挨拶するなり、金髪を見て、「おおっ、日本人じゃなくなった」と言われる。なので、「ああ、日本人、卒業しました。」と訳の分からない切り返し。さぁて、ビシバシ激しくいきたいところやけど、まぁ休み明けなのでまずはウォーミングアップ程度に。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-08-24 06:35 | Karate
2006年 08月 22日
通勤ラッシュが嫌な人へ
通勤ラッシュが嫌な人へのおすすめの通勤方法。
e0059307_18263640.jpg

先日ベルリンのフリードリッヒ通りで見かけた何とも斬新な一輪車で通勤するサラリーマン。カバンも何も持ってないので本当に通勤なのか遊んでいるのか分からんけど、まぁそれがベルリン。これなら込んでる道も自然と道が開きそう。そして、自転車より集中力を使いそうなので朝のボケた頭に持ってこい。こければなおさらシャキッとする。上達すれば、両手ででコーヒーとサンドイッチでも食べながら出勤も可能だろう。さぁ明日からあなたも試してみては?上司に何を言われるか分からんけど(笑)
e0059307_18271574.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2006-08-22 18:27 | Diary
2006年 08月 20日
Sofiaの
犬。
e0059307_517134.jpg

行く前に友達が言ってたように、確かに犬がやたら多い。しかも野良犬。犬も歩けば棒に当たるというがこんなけいれば棒の数も足りないだろう。現地人いわく、夏はこんな風に暑いからかほとんどの犬が昼間は寝てるし、夜も食べ物をさがしてどこからか食料を得てるけど、冬が危ないという。食料の少ない冬は時には数匹の群れで人に襲いかかってくるとかこないとか。身近に噛まれたという人もいる。でも犬を噛んだという人はいない。夜道を歩いていると、影からひょっこりと出てきた時にはさすがにビックリしたけど、昼間はほとんどがこんな感じで寝ているので、かわいいもんです。多いと言っても、現地の人いわく、これでも少なくなったとか。まぁ確かにこんなけ都市化が進んでくれば少なくなるだろうとも思う。そしたら、あと10年ぐらい経ったら、ほとんど居なくなるんかなぁ。それはそれで寂しい感じもするけど、現地の人はそんな事思ってないでしょね。
e0059307_5284664.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2006-08-20 05:29 | travel
2006年 08月 20日
Sofiaでも
プールに行く。
e0059307_573361.jpg

サンサンと輝く太陽の下、ソフィアでもプールに行った。しかもドラマや漫画に出てきそうなロケーションのプールでサマーベンチに寝ながらカクテルなんか注文できたりする。もちろんそんな感じでもブルガリアなら安い。そして、ここももうおなじみのブリンブリンプール。でももう少しなんの抵抗もなくなってきた。普通、普通。  泳いだり寝たり、カクテルの代わりにスイカを注文したりして一日中くつろげる。そのプールの脇にはソフィアでは有名なフィッシュ専門のレストランがあったりして黒海でとれたであろうお魚がたしなめる。ちなみにそこでは寿司まで食える。うーん、なんか旅行ガイドブログみたいになってきたな・・・
[PR]

by mapping_yuki | 2006-08-20 05:15 | travel
2006年 08月 18日
Sofiaで
ヨーグルトを食べる。
e0059307_22331625.jpg

なんといってもブルガリアと言えばヨーグルト。さっそくスーパーに行って、探してみる。すると、ヨーグルトの種類の多さに僕の優柔不断度が全開。とりあえず、おばあさんが作ったようなパッケージの絵柄を買ってみることに。おばあさんが作ったんならうまいに決まってると勝手に思い込んで。。。お味の方は、確かにうまい。値段もかなり安い。400グラムのヨーグルトがだいたい50円以下で買える。その後も、レストランなどでヨーグルトを注文しては感動していました。
e0059307_22423917.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2006-08-18 22:48 | travel
2006年 08月 18日
Sofiaで
ベルリンの壁発見。
e0059307_22283435.jpg

夜、公園を散歩している時。何か汚いコンクリートが照らされてるなぁと思って近づいてみると、ベルリンの壁がこんなところに。

わざわざごくろーさん。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-08-18 22:31 | travel
2006年 08月 18日
Sofiaの
結婚式に出席。
e0059307_20113436.jpg

どういうわけか、ソフィアで結婚式に出席することになった。先日ベルリンで買いそろえたスーツも染めた髪もこのためのもの。ちょっとしたプレゼントとお花をプレゼント。しかし、肝心の儀式には遅れてしまい、披露宴から出席する事になった。その披露宴がすごい。始まって10分も経たないうちに音楽が流れ出し、踊りはじめる。日本の披露宴のようにオヤジや家族、親戚、友人の涙涙の話しはない。喋っても3分も喋らず、また踊りはじめる。オヤジやおじいさん、親戚は長く喋らない代わりに踊る。最近の音楽やブルガリア伝統的な音楽などで足を揃えてみんなで輪になって踊る。そしてたまにキスコールが周りから沸き起こり、案の定のキッス。その合間にも食事が運ばれてきて、飲んで食べて、そしてまた踊って。とにかく音楽はほとんど途切れない。それが夜の1時頃になっても終わる気配を見せず、ただもうそろそろ帰ろうかという人だけがなんの違和感もなく帰っていく。国もそれぞれあれば結婚式もそれぞれ。泣こうが、笑おうが、踊ろうが、共通することといえば、みんな願いが新しい家庭がいつまでも幸せであるということやろう。そんなソフィアの歓喜あふれる夜。
e0059307_20474165.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2006-08-18 20:53 | travel
2006年 08月 17日
Sofiaで
イメチェン。
e0059307_22543628.jpg

結婚式に出席する事になったのでソフィアで美容室に行く事になった。センターから少し離れた郊外で、“こんなところに美容室なんかあるんか?”と、思っていたら、あった。美容室なんかに行くのは、ツバメの館のテレビ出演以来・・・
普段は自分でバリカンでバリバリしてるので、こうかしこまって椅子に座らされて、頭をなでなでされるのはなんだか照れくさい。そんな貧乏性かなにか分からんけど、せっかくプロにやってもらうなら自分ではあまり出来ない髪型にでもしてもらおうということで、なぜか髪の毛を染める事になった。
e0059307_2255175.jpg

まずは散髪。
e0059307_2256436.jpg

そして脱色。しかし、脱色中に頭皮が痛すぎて耐えきれず、まだ少し黄色い段階で断念。本当はもっと色をぬいて、明るめのグレーにしたかってんけど、これでは無理という事で、、、
e0059307_22573917.jpg

単なる金髪になってしまった。
しかし、今はもう既に半分ぐらい黒い毛が生えてきて、所謂、プリン状態。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-08-17 22:58 | travel