カテゴリ:YUKI-Bag( 16 )

2007年 12月 20日
出荷に向けて
バック制作。
e0059307_830481.jpg

最近はひたすらバック制作です。 というのも、今度、大阪のお店に試しにおかせてもらえる事になったんです。いよいよ日本進出かぁ。ということで、その為の品を制作中なんですが、以前は自分の部屋で作っていたのを、せっかくアトリエがあるのでアトリエに移動。 やっぱり、その方が仕事がはかどります。自分の部屋でやっていると、確かにいつでも気が向いたら出来るんやけど、休憩しつつ無意味なネットサーフィンとかしだしたり、別の用事を思いついてそれに取りかかったりするし、気が向いたら向いたで、朝になるまでやっていたりでいまいち効率が悪い。

で、

e0059307_830468.jpg

今回作っているバックは、見た目は変わらないけど、すこし、いや自分の中では結構グレードアップしました。 なんと、切り取った後のビニール袋を使って裏地までつくって、中にはポケットまで作ってます。
e0059307_83299.jpg

さらに、以前までは、取っ手部分も熱で溶かして付けたんですが、今回は鋲(リベット?)を使用して、よりとって部分に強度をもたせる事に実現しました。って今さらかよって感じもしますが。。。これは良いっすよー! しかしながら、その分、制作時間も1.5倍かかるんやけど。 なので、少し高くなります。お店に置くと、更に高くなります・・・売れるんかぁ? まぁ気長にいきますよ。。。ということで、来週あたりには、大阪に初出荷します。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-12-20 08:32 | YUKI-Bag
2007年 06月 22日
商品紹介
久々にYUKIバックの商品紹介です。
実は、最近作ってるバックは前のバックの生地に比べて少し薄くした生地で作ってます。なので、作業時間が短く短縮され多分、今は価格が安くなりました。 よりお買い求められやすい!
改良に改良を重ねて現在こんな感じです。 って、写真の見た目は前のバックと変わらんから分かりづらいけど・・・

まずは、レギュラーバック。(約32cm×35cm、フリマ価格:12ユーロ)
e0059307_750432.jpge0059307_7511336.jpge0059307_7514083.jpg


レギュラーバック(横) (約42cm×20cm、フリマ価格:12ユーロ)
e0059307_756329.jpge0059307_7565998.jpge0059307_982199.jpg


続いて、

ハンドバック (約35cm×16cm、フリマ価格:12ユーロ)
e0059307_802872.jpge0059307_811256.jpge0059307_813789.jpg


そして、
サイフ (約9cm×11cm、フリマ価格:10ユーロ)
e0059307_852771.jpge0059307_855038.jpg


ほんでもって、
小銭入れ (約9cm×11cm、フリマ価格: 3ユーロ、50セント)
e0059307_8175126.jpg


さてさて、今年の夏はYUKIバックを持って海に行こう! ただ、夏の取り扱い注意点は、熱いところに長時間放置しないこと。 溶けます・・・さすがにビニールなので。。。
あ、それと、このバックはネット販売はしてませんから、欲しい方はフリマか僕の家まで買いに来てください。
夏に旅行でベルリン来たときにはお土産にいかがでしょ(笑)
[PR]

by mapping_yuki | 2007-06-22 08:28 | YUKI-Bag
2007年 04月 19日
えーと、
良い季節になったのでそろそろYUKIバックもフリマ販売開始しようかな。
e0059307_8392488.jpg

バックを作っていると、同居人が来て、早速買いたいとのこと。しかも、2つお買い上げ! 身内とはいえども、買ってくれるのは、やはり嬉しい。誕生日プレゼントらしい。 確かに誕生日プレゼントにはもってこいだと自分でも思う。だれの誕生日かは知らないが、僕のバックが、誰かの生まれた日の記念に渡されるのは何とも嬉しい。ということで、休み休みでこちらのバック制作の方も地味に続けようかと思います。   そう、日本に帰ったときに、おかんにバックの作り方を少し教えてきたんです。 とりあえず試作を見たんやけど、まぁまだまだ売り物にはならないです(笑) まぁそんな簡単にマネできてもらってもこちらも商売上がったりなわけで。 でも、今年中には、ひょっとしたら、日本上陸するかもしれないです。まぁ弟子のおかんの腕次第ですが(笑)ということで、敏腕マネージャーも募集中。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-04-19 09:22 | YUKI-Bag
2006年 12月 19日
土日月
金曜日。っていうか、日付は土曜日。
e0059307_2373171.jpg

夜更かししてバックを作っていると、1時頃に電話が鳴った。 ついに帰ってきた。あの人が。 Y君だった。3ヶ月ベルリンから姿を消していていきなり電話がかかってきた。 まぁそろそろかかってくるだろうとは思っていたが、こんな夜中にかかってくるとは思っていなかった。さすがY君。 内容は「パーティーに行こうぜ!」そのまんまである。 本当に3ヶ月ベルリンに居なかったのかと思うぐらい。 そんなわけで、さすがに僕もバックしか作っていなかったし、久しぶりのY君に会いに夜中、パーティーにくり出すことにした。
とんでもない彼のエピソードを聞いたり、踊ったり。なぜか手にウォッカ入りゼリーをのせられたりして、疲れてたこともあって早めに沈没。


土曜日。
e0059307_2382692.jpg

バック作りのノルマが少し早めに片付いたので、その日は僕からY君に電話して、またもやパーティー。最近、こういうパーティーにもくり出してなかったのでなんか新鮮。 その日もプライベートパーティー。といっても、どこまでがプライベートなのかわからん(笑) まぁ要するにその人の自分の家でやる訳なんやけど、来る人は友達の友達の友達の友達の・・・って具合に広がっているので、人の集まり方は、ほとんどその辺のクラブと変わりはない。誰がその家の住人なのかすらわからないし、向こうも僕のことなんか知るはずもない。 まぁよくあることです。それが面白いんやけど(笑) そんでもって、この家が広いこと。 4人ぐらいで住んでるらしいが、とんでもなく広い。でも内装からして、以前は事務所とかそんな感じ。 空手の道場でも余裕で開けるぐらい広い。 ベルリンにはまだまだ色んな家があるもんやね。 パーティーはともかくそれに一番驚く。
明日は、早朝からフリマでお仕事、ということもあって、3時頃に帰宅。最近は週末がかなりハード・・・


日曜日。
e0059307_2395547.jpg

夜に降った雨で出来た水たまりを朝早くから取り除くスタッフ。 っていうか、ベルリンは基本的に天気悪いんやから、毎回やらなあかん事考えたら、道を舗装した方がいいのに・・・と1人でレバーケーゼにかじりつきながら思う。
フリマでバック売りも、この日曜日で今年は仕事納め。 だから、今週は必死こいてバック作ってたわけです。 昨日はやけにお客さんも少なかったし、出してる店も少なかった・・・夏の3分の1ぐらいですね。もっと少ないかも・・・ いやーしかしながら、今回も世の中が騒ぐクリスマス前ということもあって、おかげさまで繁盛でした。 ありがとうございます。 来年はおそらく3月か4月頃から再開したいと思います。寒すぎて、バックが凍って割れるかもしれないんでね・・・(笑) それまで、フリマは休憩! お疲れ、お疲れ。


月曜日(今日)。
朝から部屋の大掃除。先週からハードに作ったバックのおかげで、僕の部屋、部屋と言うか、工場なんですよ・・・そのバック作りのおかげで、好評だった、模様替えプロジェクトも出来なくなってしまった訳です。もっと続けたかったんですが・・・バック作るのに一定のスペースが必要なんで。でもまたあれもいずれ再開します。 部屋の片付けに3時間程かかり、ようやく少しスッキリ。でも、この1年でやけにモノが増えたなぁ。  片付けの後、この前言ってた、僕のバックを置かせてくれる店がオープンの日なので覗きに行くことに。 なかなか綺麗なお店になってます。 売ってるものは、僕みたいにベルリンでおもに活動しているデザイナーグッズを取り揃えています。 なんで、見方によっては「こんなもん売れへんやろ!」的な品が僕のバックを含めて盛りだくさん。 まぁ是非是非近くを通りかかったら覗いてみて、気が向いたら何か買ってあげて下さい。出来れば僕のバック買って下さい(笑) フリマで売ってる倍の値段しますが・・・このブログ見てる人は、欲しくても間違いなくその店では買わないでしょうね。でも、一応宣伝しておきます。

e0059307_242099.jpg

*SILBERFISCHER's HOMESHOP!
Oderbergerstr. 23
10435 Berlin, Germany
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-19 02:42 | YUKI-Bag
2006年 12月 13日
ええこっちゃ
今日は空手の日。
e0059307_9171790.jpg

別に今日だけとちゃうけど。 11月に長々とさぼったせいで、少々疲れるのが早い・・・耳の鼓膜とかおかしくなるし。 しかし、どうも前回の大会で負傷した左手の小指がいまだに少し痛い。ぶつかったり、無茶すると、結構痛い。 うーん・・・これは多分、ひび入ってるな・・・でもこんなん、どうしようもないし。どうでもいいか。 っていうか、ノロウィルスってなんやねん? 初めて聞いた。頼むで池袋メトロポリタン。

午前中、バック作り。 というのも、この前言ってた、新しくオープンする店から催促がきたので、そろそろ品物を店に持ってかなあかんので。 その合間に、友達が家を訪問。 これまた、バックの件です。 忙しいですなー。ええこっちゃ、ええこっちゃ(笑) その友達は、とあるビニール袋でYUKIバックに仕上げてほしいとのこと。 まぁ、いわゆる受注ってやつですね。
 
e0059307_9181279.jpg

この袋は、その彼女のお気に入りの袋らしいです。 実は、こういうことも可能なんですよ。 使ってほしいビニールや色や柄をある程度指定してくれれば、作りますよ。 さらには、ネーム入りとかなんかも可能やね。 なんで、誕生日プレゼントとか結婚式のプレゼントに持ってこい。 ・・・さすがに結婚式のプレゼントにはショボ過ぎるか。 ただ、さすがにこれ以上手を広げすぎるとマジで生産が追いつかない。 その辺にしゃがみ込んでるパンク野郎でも捕まえて仕事させるか(笑) ということで、再度告知。

弟子募集!

不器用な人でも僕がスパルタでしごくから大丈夫(笑) とりあえず毎朝、ランニング、突き500本、蹴り500本からの修行です。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-13 09:18 | YUKI-Bag
2006年 12月 11日
フリマは忍耐
久々に・・・
e0059307_5353542.jpg

e0059307_537888.jpg

朝から出勤。 いつものフリーマーケット。11月は、本業(?)の方の展覧会での移動がなどが多っかたし、ヘマもしてもうたんで副業で挽回・・・って、副業で稼げて、本業で金が減っていくんてどうやねん・・・まぁええわ。 そんな訳で、最近は少しバックの方は手をつけられなかったので、土曜日一日中、夜中の4時まで「ドンドンしてうるさい!」と、同居人に言われながらもなんとか品数を揃えて8時に出勤。
当たり前やけど、10月に出してた頃より数段寒くなってるし、数段人も少ない。 しかしながら、このフリマというのも改めて思うけど、店を出す方は忍耐が相当必要・・・冬になればなるほど過酷。(今のところはまだ耐えれるけど・・・) しかも、夏に比べて数段、日が短い。いつも売れる時間帯が決まってるんやけど(1時から4時)、その時間が短くなる・・・こんな状況で売れるのか?と思いきや、、、そこは、お客様、様様。 ラーメン屋の店内に「お客様こそ命」と微妙に達筆な書を掲げる気持ちもわかる。おかげさまで上出来でした。これで、次の展覧会もなんとかなりそうです(笑) 例の新作バックも3つも売れました。あのバックがかなり人気みたいです。値段を聞いて、逃げてくお客さんがほとんどやけど・・・でもやはり、クリスマス効果でしょうか? いやいや、ありがたいです。 少し嬉しくなったので、いつもはフリマで買いもんはしないんやけど、ご褒美に靴を買ってしまった。 グレーのプーマの靴。 5ユーロ。 安い。っていうか、またグレーか(笑)
e0059307_5381316.jpg

そんな感じで、一仕事終えて、ルンルン気分で帰宅。 しかし、部屋に入るなり、同居人に昨夜の騒音のことで怒られてしまった・・・ごめんなさい。深夜の作業は控えます・・・

来週の日曜もまだクリスマス前やから出勤するかぁー!
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-11 05:42 | YUKI-Bag
2006年 11月 28日
弟子募集
そうそう、こっちの方も・・・
e0059307_8352717.jpg

これは、オランダでゲットしてきたビニール袋。単なる思い込みかもしれへんけど、オランダのビニール袋の方がお洒落なんが多いような気がする。うーん、ドイツのビニール袋に見慣れてるだけかな? まぁ、いずれにしろビニール袋自体が良いと、作るときのテンションも高くなる。しかしながら、もうだいぶこっちの副業の方をお休みしてたなぁ。うーん、僕がやらないと稼動しなくなるところが問題やね・・・そう思ったとたんに、一通のメールがきて、「新しくオープンする店に置かせてもらえないか?」という話しが舞い込んできた。 もちろん置きますよ。置かせて下さいよ! その店は、12月18日からオープンということなので、それまでにいくつか新作揃える予定。 ということで、次の展覧会のオープニングが終わったら、またバック職人になります。

バック職人の弟子募集!! 厳しく指導します。ミスったら、熱いハンダゴテが飛んできます。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-11-28 08:35 | YUKI-Bag
2006年 10月 07日
秋の新作
YUKIバックの秋の新作でございます。
e0059307_8341767.jpg
e0059307_8345934.jpg

かわいい〜。女の子にバカウケのはず。ブログも書かずになにをしてたかと思うと、新作の考案してました(笑)。大きさは、縦16センチ、横、34センチ。外はカリカリ中はトロトロ、中に10種類の具材が入った、たこ焼き、お好み焼き、もんじゃ焼きのいいとこどり。間違えた、それはばくだん焼。今回は手が込んでいて、紐が、その時の気分や用途、からだの太さ、万引きで捕まるNHKの局長に応じて、長さが調節できます。しかし、今回使ってる、この開閉口の金具がやけに高い。一つ約2ユーロ・・・作る時間も今までよりもかかるので、いくらで売るか検討中。どう思います? なんぼにしましょうか? さて、今週はこれをフリマに出してお客さんの反応を見てみます。ではでは。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-10-07 08:44 | YUKI-Bag
2006年 09月 25日
200ユーロ紙幣に注意!
日曜日の出勤。いい天気が続くなぁ。
e0059307_3131577.jpg

まぁバイトですよバイト。というこで、今日もフリマでマッチ売りの少女ならぬ「バック売りの坊主」です。 いや、でも、実はですね・・・あえて言わなかったけど先週はこのフリマでえらい目にあったんすよ。手っ取り早く言うと、スリにあった。ホンマ最悪。その手口も分かりやすいっちゃ分かりやすいけど、巧妙。 
いつも同りバックを売ってると、少し怪しい男性が来て、何のためらいもなく速攻でバックを手にして「これ下さい」といった。少し変やなと思ったけど、まぁ買ってくれるんなら関係ないわ、と思って「20ユーロです。」というと、彼はなんと200ユーロ札を出してきた。200ユーロ札なんか見たことも無かった僕は、すこし手間取ってしまって、おつりがあるかどうかお金を出して数えてみた。すると彼もそれを手伝うかのように「いくら持ってるの?」といってそのお金を手に取り、一緒に数えて、「あぁ、無いね」ということで、そのお金を僕に返して彼は「じゃあ両替してくるよ」といって、去っていった。 そして、もちろん戻ってこない。 その後、腹でも減ったからなんか食いもんを買いにいった時に、財布を見たら、「50ユーロが少なくなってる」ことに気付いた。しかし、そんなことはもう後の祭り。 おそらく彼の手に渡った時に気付かないように1枚抜いたんやろうな。まぁ僕もアホやなとは思うけど、なんでそんな地道にバック売ってる小坊主からとるかなぁー。確かに200ユーロ札出してくる時点で怪しさ満開。くそー。その後は気力までもすられた気分。
それを挽回すべく今日もバック売り。しかし、ベルリンで行われていたマラソン大会の影響か、人がいつもより少なく、極めつけに給料日前ということもあって。いまいち。でも全く売れてない訳じゃないの文句は言えない。今日も買ってくれた方ありがとうございます。
※200ユーロ札を出して来る人には気をつけましょう!
e0059307_3164268.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2006-09-25 03:17 | YUKI-Bag
2006年 09月 04日
パターン
日曜日。
e0059307_6373978.jpg

それはバックを売る日であります。(毎週売ってるわけちゃうけど)相変わらず前日は遅くまで飲みに行って、睡眠時間のすくない状態で出勤。朝8時までに行かなきゃならない・・・誰が日曜の朝の8時から買いもんに来るやつがおるねん。場所を予約してるんやから、別にもう少し遅くたってええやんと思うんやけど、そうは問屋がおろさないらしい。ちなみに12時より前に売れた事は一度も無い。まぁ、今の僕に少なからずにできる小遣い稼ぎやからそう文句はいえないんやけど。で、最近は今、店に置かせてもらってる日本人のオーナーとコンビで1つの屋台を借りる事にしている。屋根も出来て雨が降っても大丈夫やし、そのオーナーがデザインしている服とかもかなり若者に注目を集める品なので、客が集まりやすい。屋台の見た目も他の屋台に比べてやたらPOPな感じ。
朝から天気が相変わらず悪いが雨がかろうじで夕方まで降らなかった事が何よりもの救い。12時過ぎまではサッパリでこんな天気じゃあかんかなぁ?と思ったら、そこはさすが給料日後の初めの日曜日、財布の紐がゆるい。こんな天気にも関わらず、バック5個、小銭入れ6個売れた。まぁ上出来、上出来。なんとか、語学学校に通えるだけの資金を稼げました・・・ふぅー、朝の感じやとどうなるかとおもった。結構ドキドキ、冷や汗もんです。しかしながら、もうだいぶお客さんのパターンが読めてきた。買うお客と買わないお客を少し分析してみる。

買わない客=カバンのフチをさわったり、底を見たりする人はただどうやって作ってるか(技術的な事)が気になってるだけ。
買う客=本当に買おうかどうか迷ってる人は手に取ったり、肩にかけたりする。


買わない=カップルの場合大抵、彼女が興味を持つ。そして、彼氏が否定して彼女も渋々引き下がる。
買う=彼氏も興味を持ち、彼氏も「これの方が良いんじゃない?」とか、彼女にコメントする。

買わない=「このカバンいくら?」と聞いて、値段を言うと、目を丸くしてそそくさと立ち去る。
買う=「このカバンいくら?」と聞いて、値段を言うと、「あぁ、そうでしょうね」と、うなづく。

買わない=オバハン。
買う=マダム。

買わない=ティーンエージャー。(おそらく高いから)
買う=30歳以上、もしくは、マダム。

買わない=オッサン。
買う=リサイクルやデザインに感心の強いおじさん。

買わない=迷い過ぎる人。
買う=10秒ぐらいでいきなり決める人。(少しだけ迷う人)

などなど、と、人間観察も面白いもんです。そして、マダムにウケる事が判明。なので今日はマダム相手に闘いました(笑)
まぁそんな感じで、明日から語学学校でドイツ語と闘います。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-09-04 06:39 | YUKI-Bag