2007年 11月 18日
ポスター
ポスターが完成しました。イェイ。
e0059307_10551731.jpg

写真は前回ベルリンで作った作品のStammです。  価格は1枚500円(送料別)です。 欲しい方は、おメール下さい。

さてさて、昨日は、久しぶりにY君の家に行ってきました。 彼の家に最近、日本人の同居者が転がり込んできたみたいです。 そんなわけで、3人でトークしたり、プロジェクターでアニメ見たり。
そこで、面白かった話題を一つ紹介。
なにやら、コンピュータってのはすげーなって話なんやけど。まぁ今に始まった話ではないんやけど、最近、タイムマシーンっていう機能を備えたコンピュータがあるらしいですね。 なにやら、コンピュータ内の過去のデータまで探し出してくれるらしい。どういうことかというと、数日前に捨てたデータをもう一度過去にさかのぼって、見つけて、もう一度手に入れられるらしい。 おお! って、ここまでの話で驚いているのは、僕とこれを呼んでいるおかんぐらいだろうと思うけど。 でも、タイムマシーンとか言いながら、過去にさかのぼれても未来には行けないんですよね。そこで、話が盛り上がったわけです。 未来にまで行ける機能を備えたコンピュータが、もし、すごい性能を持って出来たとすれば、えらいことになるだろうと。
例えば、コンピュータを開いて、一つボタンを押すだけで、今からやろうとしていたことを勝手に片付けてしまうとか。 ポスターのデザインを作ろうとして、一つボタンを押すだけで、「あ、そうそう、これが今作りたかってん!」とかいう具合に。 どうやって? と聞かれても、今のパソコンのシステムすら説明できひんのにそんなん出来るはずが無いので、そこは突っ込まんといて。 
なんしかすごいわけです。 でも、そこまで、コンピュータが自動的に未来を予測して作って行くようになるには少し時間がかかる。 1、2年使い込んでいくうちに、徐々にその人の癖、とかセンスみたいなものを吸収していくわけですよ。 ゲノム解析みたいなもんですかね。 で、使い込んでいくうちに徐々に未来に飛べる幅が大きくなってくるって言うわけ。
うーん、でも、そうなってくると、コンピュータが一人歩きし始めますね・・・怖い怖い。マトリックスだ。 と、そんな未来予想を話してたら、そんな世界感のアニメでも見ようということになってプロジェクターでアニメ鑑賞したわけです。 
うーん、でも、もう1つ僕が考える未来予想は、「コンピュータが無くなる。」ということ。でも、僕が生きている間には無くならんやろうけどな・・・ 皆さんは、未来のコンピュータはどうなると思います?
e0059307_10545945.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-11-18 10:56 | Diary


<< お知らせ<重要>      五本指 >>