2007年 07月 13日
Sarajevo Story no.1
どうも、すっかり久しぶりの書き込みになってしまいました。
e0059307_227537.jpg

と、思いきや、ここはサラエボ。 ベルリンについでの故郷というべきか、腐れ縁というべきか分からんけど、今回で3回目。 
ベルリンからバスにゆられること約26時間・・・背中が痛いし、左隣のおばはんの息が臭い。 ゴミの匂いがする。 そんなバスの中で丸まる一日過ごす。かなりきつい。 普通、旅行となれば、なにかワクワクしてテンションあがるんやけど、このバスに乗ることを考えたとたんにテンションが下がる。 しかし、今回はバスの中で面白い出会いが会った。 息の臭い左隣のおばはんはさておき、右隣のドイツ人、ベルリン生まれで今はイギリスに住んでいるというシュテファン。 彼は、イギリスでBBCのアート系の記者をしているという。 そんなわけやから、僕もサラエボのプロジェクトのことを少し話すと「君たちにインタビューするよ!」ってな感じで意気投合。してバスの中では結構暇つぶしが出来た。  そして、一緒にサラエボに降り立ち、宿を確保して少し一緒に散歩する。 うーん、やっぱ、来たら来たでなんか面白くなりそうやな。
ほな、今日はこの辺で・・・
e0059307_2273862.jpg
e0059307_22873.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-07-13 02:30 | Diary


<< Sarajevo Story ...      せっせと >>