2007年 05月 27日
キティちゃん
えー、ブログの模様替えです。
e0059307_929160.jpg

昨日今日と、デザインを変えてみたんやけど、お気づきでしょうか? 昨日はシンプルな白くて淡い感じで、今日はうんち君。「うんち君」って・・・こんなスキン誰が使うねん。まぁ、ブロガー人口も多いから、おるかもな。 この絵がもっとリアルな感じやったらちょっと笑えへんけど。 しかしながら、ブログを始めて、今までずっと同じデザインでやってたから、変な気分。 全然イメージ違うし。これで、作品の写真とか見せられても説得力ゼロになる。まぁ元々そんなに説得力あるもんでもないんやけど。 なるほど、ということはやっぱ“見せ方”で1つで印象は全然違うもんになるんやな。
話し変わるけど、昨日の夜はすごい嵐が来た。あまりの風の強さで下から雨が降っているようにも見えたり、家の前の木の枝が何本かバッッキーと折れていた。枝だって言うても結構でかい。 まぁその嵐は30分ぐらいで過ぎ去ったんやけど。いやあそれにしても、恐ろしいもんです。。。さっきの話じゃないけど、こういういわゆる恐ろしいこと、怖いことっていうのもなぜか知らんが恐ろしい“見せ方”になってるなぁと思う。 空が暗くなって、すごい突風がきて、マシンガンのような雨。やっぱこうやって聞くだけでも、一般的に恐ろしいというようなイメージが出来る。 なんでやろ、不思議。 心地よい風に、さんさんと輝く太陽。と、そういう状況を聞いたり、見たりして、「恐ろしー」って、思う奴は一般的には居ないと思う。人が血を流してて倒れているのを発見したら、やっぱ恐ろしい気分になると思う。これが、人から流れているのが赤い血とかじゃなくてキティちゃんとかがポコポコ流れ出ていたら、ニコッと微笑んでしまうかも。 ん?いや、体の傷口からポコポコキティちゃん出てきたら、それはそれでかなり怖いかも。手術とかでキティちゃんが大量に出て来て、「キティちゃんの数が低下しています。」ってことになる。 うーんでも、怖いというよりはおもろいか。 まぁそれはいいとして、はじめからそういうものだと考えたとしたら、同じことか。それはそれで怖いものになるか。 イメージの思い込みって不思議やな。あ、一昨日のオレンジの女の人を店員と思うって言うこと書いた日記と似てるぞ。


えー、最近、ネットでドラマとかテレビ番組を見るのにハマってます・・・こないだまでは、ダウンタウン、その次は世にも奇妙な物語、で、最近は古畑任三郎。ついつい時間を忘れて見てしまうところがこわい・・・
気がついたら、古畑のオープニングのメロディーを口ずさんでたりするし・・・
e0059307_929558.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-27 09:31 | Diary


<< セクシーショット      オレンジな女 >>