2007年 05月 04日
お金と石ころ
今日はアトリエを訪問。
e0059307_10153461.jpg

ここは、ヴァイセンゼーというとことにある、最近知り合いになった人が使っているアトリエ。 自転車で15分ほどでそんなに遠くない。その人ともう一人で使っているらしい。天井は低いけど、なかなか広い。 今回、なぜ訪問しにきたのかを言うと、なにやらもう一人がアトリエを出て、空きになるということで、借りようかどうか少し考えていたので行ってみた。 しかも、かなり安い。50ユーロ。 あまりの安さに、アトリエを見るなり、その場で「借りる!」と即決。 かなりノリで決めてもうたけど、まぁ50ユーロやったら、バック売れば借りれる範囲やし、何かと使えそうな気がするので借りることにしてみた。大学などの学校以外でアトリエを持つのは初めて。というのも、これまでの作品を見ればわかると思うけど、僕の作品って、アトリエで作るようなもんじゃないんですよね・・・なので、大学の頃は、ほとんど物置状態。 でも、なんで借りたのか?というのは特にないんやけど、 少し小さいもんでも制作してみようかなと思って。 まだ、いまいち使用目的は立ってないいんやけど、なんか作ろうかなぁ。久々にデカイ油絵でも描くかぁー。って、また結局、物置になるんかな・・・ うーん、でも、ちょっと楽しみ。

 その帰り道、ちゃりんこでスピード出して走っていると、な、な、なんと!
道路で、20ユーロ札は発見! おお! 3メートルぐらい行き過ぎた時点で、チャリを置いて、周りを確認して、すかさず拾う。 20ユーロとは、かなり嬉しい。 あぁ、今日、アトリエに行ってよかった・・・うーん、でも、あんなにスピード出して走ってるのに、お金やとすぐに気づくのが、かなり不思議。たぶん、20ユーロぐらいになると、落ちてるモノのオーラが違う。 「俺を見てくれオーラ」を発している。 なので、10セントとかやとそのオーラはかなり低いということ。そのオーラが僕を気づかせたらしい。 そう考えてみると少し面白い。 じゃあ、その辺の石ころにそのオーラを出させることは可能か?とか。 「うわー!」と嬉しくなるようなその辺に落ちてる石ころ。 その辺の石ころにお金と同じ位の価値を与えれれば、そうなるんかな。 でも、そうなったら、“その辺の石ころ”じゃなくなるのか? ・・・って、まぁええわ、とにかく今日はラッキーや。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-04 10:40 | Diary


<< 勝負一本      めーでー >>