2007年 05月 03日
めーでー
5月になりました。
そして、5月1日はメーデーということで、デモ(?)があるクロイツベルグ周辺に野次馬しにいってみる。 しかし、まだ時間も早かったので、その前に公園で散歩。 歩けば歩くほど、友達や知り合いに会いまくる。 どうやら僕も含めて、他に行くところが無いらしい(笑)
e0059307_7372556.jpg
e0059307_7404082.jpg

まぁそれもそのはず、そこら一帯はもうお祭り騒ぎでコンサートや出店が路上に沢山あって人がごったかえしている。まぁラブパレードほどではないけど、十分すごい。 日が暮れても、人は減ること無くいつまでたってもざわざわしている。 そこに、黒い集団が群れをつくって、「ファック、ファック、ファック ザ ポリス!」声を張り上げながら行進ししているのを発見。 そう、この日は、その手の若者と警察が戦う日としてベルリンではちょっとした有名な日。 そういや、去年の新聞には、車がひっくり返って燃えてる写真が載っていた。 そんなことが起きるのか?と少しワクワクしながら野次馬してみる。 しかしながら、みんな考えることは同じもんで、野次馬や報道カメラマンがわんさか。ちなみに、「ファック ザ ポリス」っていうかけ声が、僕とY君には「ファック ジャパニーズ」って聞こえるのが不思議だった。
e0059307_7411438.jpg

そして、その集団と警察が御対面。 完全武装している警察とビール瓶や石を投げる若者。 そしてそれに便乗して、何か投げる野次馬もちらほら。 このとき既に誰が野次馬なのか分からない。 まじでどこからビール瓶が飛んでくるか分からないので僕とY君は少し脇によって見物。 瓶や石が飛び交う中、道ではゴミ箱が燃えていたり。 まさしく北斗の拳の世界(笑) しかし、警察もそんなことするやつを黙って見ているわけでもない。 そこら中に束になって待機している警察がいきなり走って突っ込んできたりして、催涙ガスを浴びせながら、確実に一人一人捕まえていく。 さすが作戦を立ててるだけあって、警察が動くとみんな何も出来ず、逃げ回っている。 その警察の突進が容赦なく突っ込んでくるので、脇で見物している人たちにも思いっきりぶつかってきたりする。 しかも、催涙ガスまでふりかけてくる。 この催涙ガスがまじで、たまったもんじゃない。 すこし、近くにいてるだけでも、涙でてきて喉が痛くなったりする。まじであれは怖いわ。 もろに顔面に食らったやつとかは、しゃがみ込んで再起不能なってるし・・・ そんな、警察と若者集団のやり取りは延々と続く。 っていうか、一体なにが目的なのかがよくわからない(笑) しかも、毎年恒例みたいな感じなので、お互い本気なのかイベントなのかがよくわからない(笑)すごい体張ったコント見てるみたい(笑)まぁ、でもありえへんな。
映像は、突撃する警察。逮捕される若者。こんな奴らが突進してきたらまじで焦る。

[PR]

by mapping_yuki | 2007-05-03 07:44 | Diary


<< お金と石ころ      ゆるい >>