2007年 04月 26日
奴ら
やったぁ! 以下ヤフーニュースより。
e0059307_7302657.jpg

人間も住める惑星?20光年先に発見…1年は13日
4月25日16時26分配信 読売新聞
地球型生物が住める可能性がある太陽系外の惑星を、ヨーロッパ南天天文台(チリ)の研究チームが世界で初めて発見した。
 AFP通信などによると、この惑星は、地球からてんびん座方向に約20光年離れた「グリーゼ581」という恒星を、13日の公転周期で回っている。半径は地球の約1・5倍、重さは約5倍。地球と同様、岩石でできている可能性が高いという。
 研究チームは、惑星が恒星の前を横切る際に起きる、わずかな光のちらつきを観測して、存在を突き止めた。恒星と惑星の距離は、地球と太陽間の14分の1程度だが、恒星の大きさが太陽よりも小さく、光も微弱な「赤色わい星」のため、惑星の表面温度は、液体の水が存在できるセ氏0〜40度にとどまるという。ただ、大気の有無や組成などは不明だ。

以上。

ついに1つ見つけたかぁ。 生き物がいるとしたらどんな生き物がおるんやろうか? 地球より文明発達してたりして・・・向こうは既に何百年も前に地球を見つけてるんやけど、「なんや?あのダッサイ惑星は? シカトシカト。」ってシカトされてたりして。ってか、遠いなぁ・・・光の早さで行っても20年かかるんか・・・ 光の倍の早さの乗り物が出来たとしても10年かかるんか・・・うーん、僕が生きてる間には行けなさそうやな。乗り物は出来ひんかも知らんけど、人間ファクシミリはできるかもな。でも、向こうの星にもその受信機を設置しにいかなあかんから同じことか・・・
まぁ、とりあえず1つ見つけたということで。
でも、まだまだ沢山あるはず。では、なぜ見つけられないか? なぜなら!それらの惑星はめっちゃ文明が発達していて、惑星ごと操縦して常に動き回ってるからです。しかもかなり速いスピードで。 まぁ今の地球の文明では見つけれるはずがない。でも、向こうからは地球は丸見え。 今日も奴らは、僕らを観察してるかもよ。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-04-26 07:58 | Diary


<< 異常識      奇跡のコラボ >>