2007年 02月 19日
終わって始まる。
さて、
e0059307_107671.jpg

土曜日は展覧会オープニング。 今回もわざわざ足を運んで頂きありがとうございました。おかげさまで盛り上がったオープニングができました。
でもこう、なんでしょね、、、今までとは違う感覚なんですよ、今回のオープニング。まぁ確かに、やたらフランス人が来てくれてたというのもあるんやけども(笑)まぁそれは、ギャラリストがフランス人ってこともあるからな、ってそれしかない。昨日はやたらフランス語が飛び交っていた。そして、ドイツ語が喋れないフランス人も結構いたので、周りのドイツ人も英語で話し始める。一体誰がドイツ人でフランス人か分からんようになってくる。(まぁ顔が違うからまだましやけど)そんなもんやから、誰かが僕に話しかけてくるのも英語。僕は英語が話せない。なので、ドイツ語混ざりで、喋ってると、「ドイツ語喋れるの?」と聞かれ、「うん、ドイツ語の方がまし。」といったら、「何だぁ」といって、ドイツ語で話し始める。 「お前、ドイツ人かい!」と突っ込みたくなる状況が多かった(もちろん逆のパターンもある)。 
と、そんなこともあるんやけど、どうやらそれだけが違う感覚の要素でもないらしい。よく考えてみると、簡単なことだった。 それは単純にこれからこの3週間、ここで制作するということがあったから。なので、これから展覧会が「始まる」っていうのをすごく感じた。というのも、ぶっちゃけ、これまでの作品に置いては、ほとんど、オープニングで「ふーっ一段落」というような、ある意味、「ひとまず終わった」ような一区切りがあったとおもう。 広く考えればそんなこともないのかも知らんけど。まぁ、始まって、終わったと感じるのも変な話しやけど、実際そう感じる方が正直多かったから、仕方がない。今回は、その逆で、1つ出来たと思ったら、始まった。うーん、何かこう言うのもいいですね。今回は、僕の中で一風変わった感触を感じさせてくれた展覧会オープニング。 ということで、また火曜日から作品の変形が始まります。ん?変形するのが作品か(笑) 
ちなみに、これが、床変形1段階目です。また、作品写真は改めてまとめてアップします。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-02-19 10:07 | Diary


<< 自転車のチューブの使い方      遊ぶギャラリスト >>