2007年 02月 10日
鐘を鳴らして
なんかようわからんけど、今日はピンクです。
そして今日は、パラパラと雪が降ったりやんだりのなか、企画(展覧会?)の打ち合わせでシアターへ。
e0059307_10514622.jpg

その企画の(おそらく)責任者、ガビィが居る204号室にて。 しかし、「ガビィ」って、ドイツ語の参考書や教科書に必ずって言っていい程出てくる名前やな。まぁどうでもいいけど。 そんなわけで、挨拶を済ませ、簡単な企画の内容を聞く。まぁ9月の話しなんで、まだほとんど大枠やけど。 なにやら、主な企画としては日本(日本人)の最新流行的なパフォーマンスやダンス、芝居?などの舞台芸術を一斉に紹介(?)みたいな感じ。 なので、その名も「Japan now」。すこし、こっぱずかしくなるタイトルやな・・・でもって、ベルリン、ポーランド、チェコを巡回するとか。おお、タダで旅行できるやん! ん?でも、そんな企画に別に舞台系のアーティストじゃない僕にどうやって関われるの?と聞いてみる。 その答えは簡単、主に舞台演劇であって、美術系、造形芸術も展示したいとのこと。あぁ、なるほど。 パフォーマンスしなあかんかと思った。でも、ガビィいわく「でも、美術においても、日本の最新流行的なモノね!」と。 なんやそれ(笑)最新流行的な美術ってなんやねん。と、すかさずツッコミを入れてみる。 なぁ、なぁんか最近そういうこと求めてる人多いみたい。別件のどっかの審査員は企画に「斬新さ」が無いとか言うし。 そんなこと言う方が既に斬新さが無いよ。ということで、今ある最新流行を求める時点で最新流行から既に乗り遅れてる。と、思う。 まぁ言いたいことはわかりますけどね(笑) と、そんな企画。まぁ作品を作らしてくれるなら、はっきり言って今は何でもいい(笑) しかし、細かい事を話し合うって言う程のこともまだないので、早速、会場の案内をしてもらう。 シアターだけあって、デカイ、ていうか建築の作りや部屋の別れ方とか見ていたら、学校みたいだな、と思ったら、、、そのまんまで、昔は学校だったらしい。 そんな訳やから、あまりにひどくなった部分を現在は工事中。 まずは、舞台部屋その1。
e0059307_10531147.jpg

今日案内してもらった部屋の中では一番大きいところ。 まだ内装工事中やけど、ココが舞台になるらしい。たぶん。
でもって、さっきよりかは小さい舞台部屋。
e0059307_10542140.jpg

舞台のセットが少し残ってたりしていい感じ。
で、次は、稽古部屋。
e0059307_10555797.jpg

デカイ鏡があってまさみそんな感じ。こんな感じで特徴のある部屋を見て回るのはなんとも面白い。 綺麗に壁を白く塗って物も何もないようなギャラリーを見て、アイデア考えるより、数倍アイデアが膨らむ。
で、次は、屋根裏。
e0059307_1058663.jpg

ここも工事中やけど、すごく面白かった。アスレチックみたい(笑)しかも屋根のてっぺんの方には時計がついている。そこまで行けるはしごがあったので、ワクワクしながら登ってみることに。そして時計の裏側に到着。そこにまだ上に行けるはしごがあったので、もちろん、男の子なら登る。時計のでかい鐘、発見! 簡単に鳴らせそうだったので、鳴らしたくなる衝動に我慢できず鳴らしてみる。ゴーーン。 思ったよりデカイ音がして笑ってしまった。変な時間に鐘を鳴らしてしまった(笑) しかし、その屋根裏の構造に歴史的傷跡が! 柱の根元の部分に燃えた痕跡。
e0059307_10591372.jpg
 
ほとんどの柱の根元だけが焦げてるし。いやいや、不自然過ぎるやろ。そんな柱燃やさなあかんぐらい寒かったんか!? で、そこに、今は鉄棒で補強入れてるんやけど、ガビィの話しによると、第二次世界大戦の傷跡とか。あぁ、それなら少し納得。って、それでもすごい。 確かに、重要な柱だけ崩せば全部崩れるからなぁ。うーん、賢い。ってそういうことちゃうか。 まぁしかしながら、ココはさすがに使えないだろうとのこと。
そのあとは、工事中の地下もぐるりと見学。
いやー、今日は思ったよりかなり面白いものが見学できた。なんか色々アイデアも浮かんできそうやし。 といっても、その企画は9月の話し・・・そう、時間があるから、また鐘鳴らしに遊びに来たりして、ゆっくりアイデア練りますか。 

[PR]

by mapping_yuki | 2007-02-10 11:01 | Diary


<< Moment [Ausstel...      受けとタイミング >>