2007年 01月 22日
モテ男
今週末は特に何もなし。
まぁ何もないってことはないけど。
金曜日は、いつもの如くギャラリーへ。 先日の新聞を見て来てくれたのは一人(笑) まぁそんなもんっすよ。でも来てくれただけありがたい。 っていうか、本当に新聞を見てくる人が居るんやとも思ったけど。そして、ゲイ雑誌を見てきたんじゃなかったことがよかった。そのおじさんに紅茶を出して、少し話す。 そのおじさんは20分ぐらいで帰って、また一人ぼっち。 「忙しいから今日は帰るね!」といって、当たり前のように帰る、ギャラリスト・・・っていうか、僕がこの自分でコーヒーを出すという展覧会の企画を考えていなかったら、どうしてたんやろうと思ってしまう・・・まぁ別にええねんけど。ということで、ギャラリーの事務所を探っていたら、日本の漫画発見。
e0059307_827548.jpg
 暇つぶしに、展覧会用のコーヒーを自分で入れて、コーヒーをすすりながら読んでみる。 今の制約の厳しい日本ならこんな漫画連載されないだろうと思うことが満載。 だから逆におもしろい。
e0059307_829888.jpg

閉店の8時になろうとする頃、日本人の夫婦が来てくれた。 といっても、来ることはしってたんやけど。 何週間か前にとあるコミュニティーサイトで知り合って、会ったのはその日が初めて。 なぜか、僕にも日本のお土産をくれた。 ありがとうございます。 しかも、お土産にYUKIバックも買ってくれた。 ありがとうございます。 この夫妻の旦那さんがミュージシャンで、おフランスのカンヌの音楽祭での仕事で来たらしく、そのついでにベルリンも観光とのこと。 そんなわずかなベルリン滞在期間にわざわざお土産をもって僕の展覧会に来てくれると言うのはなんとうれしいことだろうか。 旦那さんは自分で作ったCDをくれた。 もちろん、音楽の。
そして、その3人でギャラリーを閉めて、友達の展覧会のオープニングへ。
その友達はイタリア人の写真家。 ビジュアルだけのとこで言うと、なんともボケボケの写真を撮っている。いや、ピントがね。 写真を鑑賞しながら、その夫妻とベルリン生活について話しする。 どうやら、ベルリンに住みたくなったようだ(笑) わかるわかる(笑) というのも、ベルリンを訪れた日本人で「ベルリンつまんないねー」とか「ベルリンにはもう2度と来たくない」という人に会ったことがない。まぁベルリンに住んでる僕へのお世辞かも知らんのやけど(笑)
 展覧会を後にして、 夫妻とさよなら、また会う日まで・・・
その後、案の定、色んな意味でネタの宝庫、Yくん家へ。 
Y君がトルコに行った時の写真を見せてもらったりする。 トルコの自然はヤバい。 尋常じゃない。まぁ僕はその写真で見ただけやけど。 それを生で見て体験してきたこいつは一体なんなんだ!とかおもってしまう。さすが、ドイツ・EUから追い出させられただけのことはある。目からウロコを落としながらそれをネタに話し込む。

土曜日。

夜中、友達と飲んだ帰り、ケバブ屋へ。
ピザを食べてる最中、ケバブ屋の兄ちゃんと視線が合って、ウインクされる・・・帰り際も、もちろんウインク。 モテモテだぁ・・・僕・・・最近、ゲイネタが多い・・・
[PR]

by mapping_yuki | 2007-01-22 08:33 | Diary


<< 便利なもの      TAZ >>