2007年 01月 04日
仕事始めに御用心。
遅くなりましたが、
e0059307_8303844.jpg

正月ムードを味わうべく年賀状作ってみました。 これをドイツ人に送ったら、喜ぶかなぁ? 試しにティノ君に送ってみるか。  今日から仕事開始。 先日にも紹介した1月の展覧会の展示作業。 といっても、写真やスケッチを選んで壁に貼るだけやから、そんなに時間かからんので明日からでもいいんやけど、どっちにしろ作品をいっぺんに持って行けないので分けて持って行くため、一度ギャラリーに行くことにした。 4時ぐらいに行こうかと思ってたんやけど、若手ギャラリスト(多分同じ年ぐらい)、ヤコプ君が僕の携帯を鳴らす。 ひとまず、「Gutes neues Jahr!(明けましておめでとう)」というが、声からして、それどころではないらしい。 聞いてみると、ギャラリーに泥棒が入ったとかなんとか。 Mac(コンピューター)が盗まれたとかなんとか。そんなわけやから、今警察が来てて作業が出来ないとかなんとか。 そりゃ大変やな。っていうか、新年早々ついてなさすぎるヤコプ君が可哀想。 ともあれ、1時間後、なんとか事は落ち着いたらしいのでギャラリ−に行ってみた。 「もう最悪だよー」とヤコプ君。 事務所のドアを見てみると、あからさまに力づくでバールかなんかでこじ開けたってのがわかる。 しかも、そのドアに傷跡がやたらと付いてるので、犯人も相当苦労したのが見える。 中に入ると、デスクトップのMacだけが綺麗サッパリ無くなっている。 その前には簡単に持って行けるノートパソコンがあるにも関わらず、持って行ったのはそれだけ・・・ まぁMacの方が高いしな。 でも、ヤコプ君いわく、保険でなんとかするとの事。まぁそれでも、気分悪いし、中のデータは戻ってこない。 もし、僕の作品が展示してあったら、作品も盗んだかな? 絶対盗まへんよなー・・・ 盗んだとしても、展示で使ってるテレビとかDVDプレーヤーやろうな・・・ それはそれで悔しいな。
しかしながら、ベルリンに来て、泥棒にあったという話しはかなりよく聞く。 やっぱり多いんかなぁ? まぁ多かれ少なかれ用心するにこした事はない。むしろ、自分が原因で犯罪者や罪深い人を生みだしてしまうということに用心したい。
[PR]

by mapping_yuki | 2007-01-04 08:31 | Diary


<< ピスタチオ      一人芝居でも見に行くことにする >>