2006年 12月 31日
青い奴
さて、大晦日。
 
e0059307_11185411.jpg

といっても、今日は別に大晦日に書くようなネタちゃうんやけど、ちょっとおもろかったから書きます。
昨日のこと。 Y君が料理作るというので誘われて、Y君の家へ。 Y君特製の手作りハンバーグと手作りコロッケを食べた後、アトリエで遊ぶ。 昨日の「遊ぶ」はホンマにクソガキのように遊んだ(笑) Y君の同居人のダニエルというやつが小さい頃から持っていた、この全身青くて、白い帽子かぶってる妖精みたいなキャラクター。 っていうか、この人形の名前忘れた。なんやったっけ? まぁええわ、この青い奴で遊んだ。 結構ハマる。酒のつまみに持ってこいなぐらい遊べる。 これだけいっぱいあるっていうのがいい。 なんか、意味なく並べてみたり、戦いさせてみたり。ちなみに僕が作ったこのセットは、大晦日の格闘技祭。 青い奴が寝技にやられてる。
e0059307_1121151.jpg

その脇で、Y君はガンジャ帝国を築き上げていた。
e0059307_11225526.jpg

てな具合で、2時間程この人形で遊ぶ。子供の頃を少し思い出させてくれると同時に「あぁやっぱ、もう子供じゃないんやな・・・」とも思った。 ていうのも、確かに遊んでるときは無中になるし、変な世界観が生まれたりするけど、それでも、子供の頃のようなキレのある突飛でもない世界観、ストーリー展開が生まれへんように感じた。なんか、所詮考えてることが現実的、もしくは、現実に毛が生えた程度の世界観・・・ あのキレは何処へやら・・・
まぁ、それでも、楽しめたけど。
で、その流れかどうか分からんけど、Y君がとんでもないおもちゃを見せてくれた。 これにはかなり笑った。 それは、Y君がトルコに亡命していた時に見つけたもの。なにやら、チョコエッグ(卵の形のチョコの中に小さいおまけのおもちゃが入ってるもの)のおまけらしい。 このチョコエッグって奴は最近では結構何処の国に行っても売ってるようで、2年ぐらい前にボスニアでも買ったことがある。これの面白いのは、国によって中に入ってるおもちゃのクオリティーやセンスが全然違うということ。 確かにボスニアのチョコエッグのおもちゃはショボすぎた。まぁおもちゃだけじゃないんやけど。こんなところにまで反映されてる。 バカにしてる訳じゃないけど、バカにしてるよ(笑)  色とか1色やし。 日本の奴も買ったことあるけど、逆にありえへんぐらい力注がれてるような精密なものが入ってたりする。 そして、そのY君が見せてくれたのはトルコバージョン。 
e0059307_11234973.jpg

これは、ぶっちゃけ、なめてるとしか言いようがない。でもある意味、恐ろしい程の斬新なセンスといえるかもしれへん。 まず、何か分からない。 本当に分からない。 もうこの時点で笑い転げる。 そして、かなりシュール。普通、顔がくるであろうところに、謎の手。胴体はロボットのようにも見える。 さすがに僕も疑いました。 他の中身と一緒にしたのかと。 でもこのパーツが一緒になって入っていたと言う。 でも、明らかにパーツ、足りてへんやん! 腕の根元に何か差込めるような穴とか開いてるし!  ありえへんなー、これ。サラエボのはしょぼいけど、何かわかるモノには組み立てれたからね。 これは、子供、喜ぶんかなぁ?  こんなおもちゃで遊んでる子供は大人になったらどうなるんでしょ(笑) いやー、おもろかった。
そんな大晦日、前日。
良いお年を。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-31 11:25 | Diary


<< DIE TASSE [Auss...      窓際族 >>