2006年 12月 30日
窓際族
さて、今年も残すところ後2日。
おかげさまで今年も色んな事がありました。 僕の部屋の窓際に飾られているモノを見ると、「あぁやっぱ時は流れてるんやな」と実感させてくれます。 今日は、その僕の部屋の窓際族を紹介。

まずは、リンゴ。
e0059307_4534668.jpg

っていうか、既にリンゴに見えへんし、かなり小さい(笑)ここまでくると、リンゴとは別の呼び名が必要か? いったいこいつは何になろうとしてるんでしょうかね。このままずっと置いてたら、今度はふくれあがってきたりして。
ちなみにこれは、去年の11月頃に語学学校で同じクラスやったロシア人のねーちゃんに休憩時間に貰ったリンゴ。覚えてるのはそれくらいで、あとの記憶はこのリンゴぐらいしぼんでます(笑)

で、次は、ジャガイモ。
e0059307_455868.jpg

これも、ジャガイモに見えない。これも、大きさが3分の1ぐらいになってる。これは、今年の4月にベルリンで初めてした「chews」という展覧会のビラの写真で使ったジャガイモ。
e0059307_4582615.jpg
実はこんなジャガイモやってんけど。

で、次は、ホワイトアスパラガス。
e0059307_4563313.jpg

なんか、乾燥キノコっぽい。 花にも見える。 あの「シャキーン!」としたフレッシュなイメージとはほど遠い。 水に浸けたら、元に戻ったりして。
これは、4月頃に長内さんがベルリンに遊びに来た時に、長内さんが衝動買いして、料理せずに置いて行ったホワイトアスパラガス。 また今度、彼女がベルリンに来た時に、これを料理してもらうことにします。よろしく。

続いて、花。
e0059307_4572784.jpg

まぁ花は、ドライフラワーとかあるくらいなので見慣れてるちゃ見慣れてる。 これは、今年の5月に展覧会のため大勢日本人アーティストが僕の家に滞在していたとき、草平という男がなぜか僕にくれた花。 なんでいきなり花をくれたのかは未だに謎。 その謎を花に秘めたまま、今に至る。 きっと謎が解けたら、また咲くことでしょう。 まぁそんなロマンチックな謎ではないと思うけど。

てな感じで、これらのモノは過去を語るように見えるけど、でもここまできたので、これからもあるだろうという、未来も同時に語ります。そんな、リンゴとジャガイモとホワイトアスパラガスと花は今、窓際に座っています。

(っていうか、そんなノスタルジーにひたってる場合じゃない・・・)
[PR]

by mapping_yuki | 2006-12-30 05:00 | Diary


<< 青い奴      季節的先駆者 >>