2006年 10月 25日
プロフェッショナル
昼間少し晴れたので、散歩。
e0059307_720594.jpg

とくにあてもなく、電車で15分ぐらい北へ行ってみる。車窓から、なかなかデカイ原っぱが見えたので、その次の駅で降りてみた。都心からわずか20分やそこらでこんな意味不明の原っぱがあるなんか信じられへん。東京なら間違いなく住宅地にでもなってるやろうに。そんなことをブツブツ思いながら、まぁ、とりあえず、歩いてみる。一応、道らしき後はあるんやけど、僕しかいない。周りを見渡せば、かろうじで遠くの方に、車と電車が走っているのが見える。そして、風がやたらと強い。そのせいか、雲の流れもタバコの煙なみに早い。おっと危ない、たそがれてしまいそうだったので、そそくさと散歩を済ましてまた帰った。帰ったとたんに天気が悪くなったので、僕は天才かと思った。

これは、昨日の事。
e0059307_7145982.jpg

こいつら、やばい。すごい。プロってる。普段はおそらくその辺のツタンドでソーセージとパンをガツついてるはずのオヤジが、とんでもなくプロフェッショナルに広告を貼っている。見ての通り、かなりでかいキャンバスのようなものに糊をぬって、分割された広告を貼っている。
e0059307_7161048.jpg

初めから見ていたけど、すごくなれた手つきで貼っている。しかし、継ぎ目の部分はさすがに難しいんだろうと思うが、余裕で近くにいる同僚と下らない話しをしながらペタペタ貼っていく。しかも、それでいて、ほぼピッタリと継ぎ目を合わせている。なんでそんなやり方でピッタリ合わせれるかが不思議でしかたがない。そして、ものの10分程で全部貼り終える。すばらしい。良い仕事してますねぇー。
まぁこれに限らず、気付いてないところに沢山のプロフェッショナルな仕事が隠れてるんやろうな。こういう手際のいい仕事を見るのもいいですね。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-10-25 07:22 | Diary


<< Domino [Ausstel...      それが大事 >>