2006年 10月 13日
愛だろ愛!
工事中のアレキサンダープラッツ。
e0059307_8465491.jpg

そして、僕の頭も工事中。でも完成の目処なし(笑)。
最近は空手に行く以外は部屋に隠りっきりだったので、図書館にDVDを返しに行くがてらミニサイクリング。 ベルリンには珍しく晴れが続く日々。そのせいで、10月になってんのに昼間は以外に温かい。半袖でもいけなくはないが、長袖。でも、さすがに太陽が沈むと少し寒くなる。それでも、まだまだ冬の寒さには、ほど遠い。その返しに行ったDVDの一つをこないだ、同居人達と一緒に鑑賞した。そのタイトルは、「原爆の子」。そのタイトルの通り、泣く子も黙る広島の原爆についての映画。内容はいうまでもなく、重い・・・まぁ、僕は、この手の映画をヨーロッパ人が観てどう思うか、どんな反応するかが観たくて、同居人と一緒に観たわけやけど。この映画は終戦後の2年ぐらい後に撮影された映画で、その時の状況そのままが映し出されていて、なんとも信憑性がある。映画が終わると、みんな沈黙。 まぁムリも無い。でも、その後、みんな、「重いけど、いい映画だった。とても重要なことだよ、見せてくれてありがとう。」といった。まぁ、それぞれ、原爆や戦争について考えるところはあるんやと思う。
そして、それが予告していたかのように、北朝鮮が核実験をしだした。あの映画を観た後では、なおさら何のための実験かが全く分からない。だって、その実験って、実際にどこかで使うための実験ってことでしょ? うーん・・・
ここで、軽く「平和であってほしい」とか「平和!平和!」というよりも、「いったい、平和とはなんやろうか?」と、考えたいところ。

今日から、新しいお客さん。その名も「愛ちゃん」。「平和」というより、やっぱ愛だろ愛。なんちゃって・・・(笑) 左が愛ちゃんで、右は2ヶ月この家に住み込んでいる放浪者、犬。
e0059307_8482153.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2006-10-13 08:52 | Diary


<< そうじ      バシバシッと >>