2006年 09月 22日
ノックノック
待ちましたねぇー。
e0059307_818198.jpg

外人局へドキドキしながら行ってみる。4月に申請したビザが7月に行っても貰えなくて、ようやくこの日が来た。半年待った。アーティストビザを取得するのには時間がかかると聞いてはいたけど、さすがにもう下りるだろう。2時半の予約の時間に指定された部屋をノック、ノック。入って名前を言うなり、オヤジに紙を渡された。12月20にまで延長の紙。オヤジ、まだ待たなあかんのか。そして、オヤジにとある電話番号の紙を渡されて、ここに電話をしろとのこと。ここまで来ると、この電話をかけるだけのことが少し進展したかと感じてしまう。帰ってオヤジに言われた通り、オロオロしながら電話をかけてみると、以外に優しいオバハン。

オバハン「あなた、アーティストね?」

僕「はい」

オバハン「ドイツの美術大学を卒業したの?」

僕「いいえ、でも聴講生はしました。」

オバハン「どれくらい?」

僕「半年です。」

オバハン「そんなけ?それでアーティストなの?他は?」

僕「日本で芸術大学を卒業しました。」

オバハン「ああ、そう、じゃあその大学の卒業証明書をFAXで送って。」

僕「分かりました。」

ってな具合で、このオバハンの中では美術教育を半年受けただけではアーティストにはなれないことが判明。美大に行ってないアーティストだって腐る程いる。まぁそれはいいとして、その証明書も4月の最初の書類提出の時に持って行ったのに、その時の担当のオバハンに「これは入らないわ」と返された書類だ。あー、なんやろなぁーなんか納得いかんぞ。まぁ別にいいけど。
[PR]

by mapping_yuki | 2006-09-22 08:25 | Diary


<< 200ユーロ紙幣に注意!      ジェイ・ロック >>