2009年 07月 18日
3.5t
ついにテープ・プロジェクト始動!?
e0059307_23205976.jpg

今週、ついに壁を動かすプロジェクトを開始。といっても、本作業のための、3日間のみのテスト、プレ作業である。
一つの壁が、高さ約4メートル、重さ3.5トン。普段の別の作品では、僕が自分で動かして何か作ったりするのだけど、さすがに今回は僕一人の力ではどんなけ鍛えても不可能。北斗神拳が使えるなら可能かもしれないが・・・ということで、壁をクレーン車で動かしていく。その壁を今回は、Max20個程度の壁を動かせる事になった。一つを目的の場所まで動かすのに約40分から1時間かかる(150〜200m離れている)。壁の大きさや重さも尋常じゃないが、それを動かすクレーンのトラックと運転手の一日の費用も尋常じゃない。一日、8時間、1000ユーロ也。
僕が動かすわけではないので、体力的に楽かと思いきや、それをこまめに色んな角度から記録・撮影するので、広い敷地を走り回るので、これはこれでハードだという事が判明。
しかしながら、いろいろあって、ようやく、ここまでこぎつけることができたので、喜んで走りまくる。運転手のオッサンが、無線のコントローラーでクレーンを自由自在に操って、クソ重い壁を軽やかに動かしている様がなんとも面白い。ずっと見ているとUFOキャッチャーの巨大バージョンに見えなくもない。ともかく、迫力満点。
今回の最終的な目的は、20個ぐらい壁を並べて、そこにグラフィティーかペインティングをするというまた別のプロジェクトが名目。でもその企画者と以前から話を一緒に進めていたので、どうせ動かすんだから、最終的なポジションに置く前に、いくつか僕のプランのテストをしても良いということで、3日間のプレ作業というわけ。もっとも、記録は僕が撮っているので、彼らにとっても良し、その僕とテープ・クラブのプロジェクトにも共感してくれて色々手伝ってくれてるので、連動プロジェクトと言った方が良いかもしれない。
そして、何よりも、今回のテストの記録を元に、本制作へ繋げるためのプレゼンテーションの明確な素材が出来るというところに期待を持てる。
ちなみに、本制作では、100個ぐらいの壁を使って、インスタレーション/構造体を組み立てて、それが同時にアートスペースとしても機能するような場所を作り、さらにそれが1、2年に一回のペースで構造体が組み替えられ、機能性も変化していくというプランである。
まぁまだ時間はかかるが、ここまで出来れば、実現はそう遠くはなさそうだ。
e0059307_23214987.jpg

e0059307_23222947.jpg

e0059307_23261580.jpg

e0059307_23283215.jpg

e0059307_2339115.jpg

[PR]

by mapping_yuki | 2009-07-18 23:00 | Diary


<< 3.5t(追記)      うぉっ! >>